Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

Windows10を利用していて、システムディスク(Cドライブ)の容量が足りなくなって、新しい大容量のディスク(HDD、SSD)に交換したいことがあります。

その場合、既存のディスクの内容を新しいディスクに移行するのは、標準機能でも対応できますが、Windows10の標準的なパーティションレイアウトでは、Cドライブの後方に回復パーティションがあるために、Cドライブを拡張することはできません。

回復パーティションを削除して、Cドライブを拡張するという手もありますが、なるべく既存のディスク内容を維持したまま移行したいなら、サードパーティーのパーティション編集ツール「MiniTool Partition Wizard」を利用すれば、データ移行とCドライブの拡張の両方に対応できます。

そこでここでは、Windows10でパーティション編集ツール「MiniTool Partition Wizard 無料版」を使って、既存のシステムディスクの内容をそのまま新しい大容量ディスクに移行して、Cドライブを拡張する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1
MiniTool Partition Wizard 無料版10.2.2

「MiniTool Partition Wizard」とは

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

無料パーティション管理ソフト - MiniTool Partition Wizard 無料版

「MiniTool Partition Wizard」は、GUI画面でパーティションのフォーマットや削除、移動、リサイズなどの編集ができるパーティション編集ツールで、無料版では以下の機能を利用できます。

  • パーティションの作成/削除/フォーマット
  • パーティションの移動/サイズ変更
  • ディスク/パーティションの消去
  • パーティションの結合/分割
  • パーティションのファイルシステム変換(FATからNTFS)
  • ディスク/パーティションのコピー/複製
Memo

公式サイトで提供されている最新版(バージョン12)では、ここで利用するOSの移行機能が有料化されているため、無料で利用できる古いバーション(バージョン10)を「Vector」からダウンロードして利用します。

MiniTool Partition Wizard無料版の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

新しい大容量のディスクにデータ移行する

まず、新しい大容量のディスクをデータ移行するWindows10マシンに接続してから、Windows10を起動します。(新しいディスクは初期化やフォーマットしておく必要はありません)

Windows10を起動したら、以下のVectorのリンクから「MiniTool Partition Wizard」のインストーラーをダウンロードしてインストールします。

MiniTool Partition Wizard無料版の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

インストール手順はとても簡単なので、ここでは割愛します。

インストールした「MiniTool Partition Wizard」を起動すると「MiniToolソフトウェア」画面が表示されるので「MiniTool Partition Wizard」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

新しいディスクをGPTディスクとして初期化

「MiniTool Partition Wizard」の画面が開いたら、ディスクの一覧から新しいディスク(ここでは「ディスク3」を選択してから、左側のメニューで「GPTディスクに初期化」を選択します。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

画面左上の「適用」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

「変更を適用しますか?」と表示されるので「はい」をクリックするこで、新しいディスクがGPTディスクとして初期化されます。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

OSの移行

つぎに、メニューから「OSをSSD/HDDに移行」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

「OSをSSD/HDDに移行」画面が表示されるので「A.私は別のハードディスクと私のシステムディスクを交換したいと思います。」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

つぎの「行先ディスクを選択してください」では、接続した新しいディスク(ここでは「ディスク3」)を選択して「次へ」をクリックします。

誤ったディスクを選択するとデータを消失してしますので、慎重に選択しましょう。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

つぎの「変更項目を確認」では「コピーオプション」で「2. サイズを変更せずにパーティションをコピーする」を選択します。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

つぎに「行先ディスクのレイアウト」で、Cドライブの後ろにある「回復パーティション」を選択して、ディスクの最後尾に移動します。

以下の動画を再生すれば、操作手順を確認できます。

つぎに「行先ディスクのレイアウト」で、Cドライブを選択してから未割当の領域をすべて割り当てます。

以下の動画を再生すれば、操作手順を確認できます。

調整が済んだら「次へ」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

注意事項が表示されるので、そのまま「完了」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

「MiniTool Partition Wizard」画面に戻るので、画面左上の「適用」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

「変更を適用しますか?」と表示されるので「はい」をクリックすることで処理が開始されます。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

処理中の画面

処理が開始され、しばらくすると以下のような注意画面が表示されるので「今すぐ再起動」をクリックします。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

再起動すると、以下のような画面が表示され、処理が再開されます。

Windows10でCドライブの内容をまるごと新しいディスクに換装&ドライブ拡張する方法

処理が完了すると自動的にWindows10が起動するので、いんったんシャットダウンして古いシステムディスクを取り外して、PCを再度起動します。

なお、起動時は、UEFI(BIOS)画面を表示させて、新しいディスクをから起動できるよう起動順序(Boot Order)を調整します。

Windows10が無事起動したら、作業完了です。

あとがき

なお、ここで紹介しているようなツールを利用した場合、Windows10やインストールしているソフトウェアの動作に予期せぬトラブルが発生する場合があります。

そのようなトラブルを避けるなら、新しいディスクに交換したら、面倒でもWindows10を新規インストールすることをおススメします。

Windows10をクリーンインストールする方法
Windows8.1より前の時代は、PCに不具合が発生したときや、サービスパックが登場したときは、OSをクリーンインストールし直した...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ