Windows10にインストールされているデバイスドライバーをバックアップする方法

Windows10にインストールされているデバイスドライバーをバックアップする方法

Windows10には、システムの動作がおかしくなった時の対処方法として初期化機能が搭載されています。

万が一の時に、カンタンな操作でWindows10を初期化できる便利な機能ですが、初期化の際に、インストールしているデバイスドライバーは削除されてしまうため、初期化後に改めてインストールし直す必要があります。

最近のPCであれば、接続されているデバイスをWindowsが自動的に認識して、必要なデバイスドライバーをインストールしてくれることが大半ですが、古いハードウェアや周辺機器を利用している場合や、メーカー製のノートPCなどを利用している場合だと、一部のデバイスをWindows10が認識してくれないことがあり、自分でデバイスドライバーをインストールしなければならないケースがあります。

そのような場合に問題となるのが、デバイスドライバーを入手できない可能性です。

古いハードウェアや周辺機器の場合、デバイスドライバーの提供が終了していることがあり、メーカー製のノートPCだと、デバイスドライバーがそもそも提供されていないこともあります。

そこで、Windows10を初期化する前に行っておきたいのが、インストール済みのデバイスドライバーのバックアップです。

ここでは、Windows10にインストールされているデバイスドライバーをバックアップする方法を紹介します。

なお、Windows10の初期化も検討している場合は、以下の記事でWindows10の初期化方法「このPCを初期状態に戻す」と「新たに開始」について、それぞれ紹介していますので、あわせてご覧ください。

Windows10を「このPCを初期状態に戻す」で初期化する
Windows10には、PCが不調になったときに正常な状態に戻す方法がいくつか用意されています。 その中でも最後の手段として挙げられる...
Windows10を「新たに開始」で初期化する
Windows10の動作がおかしくなった時に、正常な状態に戻す方法としてWindows10にはさまざま方法が用意されています。 そのな...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

デバイスドライバーをバックアップする

デバイスドライバーをバックアップするには、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを順に実行します。

なお、バックアップ先は「E:\DriverExport」としていますが、環境に合わせて変更してください。

> set ExDir=E:\DriverExport
> if not exist %ExDir% mkdir %ExDir%
> dism /online /export-driver /destination:%ExDir%

Windows10にインストールされているデバイスドライバーをバックアップする方法

私の環境では、31個のデバイスドライバーがバックアップされました。

Windows10にインストールされているデバイスドライバーをバックアップする方法

以上で、デバイスドライバーのバックアップは完了です。

上のコマンドでバックアップ先として指定したフォルダーを、USBメモリーなどにコピーしておけば、Windows10を初期化したり、クリーンインストールした後に、認識されないデバイスを認識させるときに利用できます。

バックアップしたデバイスドライバーを利用する

Windows10を初期化したりクリーンインストールした後に、バックアップしたデバイスドライバーをインストールする場合、コマンドで一括インストールする方法と、デバイスマネージャーから、GUI操作で個別にインストールする方法があります。

バックアップしたデバイスドライバーの中には、すでに利用してないデバイスドライバーが含まれる可能性があるため、個人的にはデバイスマネージャーで「不明なデバイス」と表示され、正常に認識されていないデバイスに対してのみ利用することをおススメします。

ちなみに、コマンドを利用してバックアップしたデバイスドライバーを一括でインストールする場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、次のコマンドを実行します。

> pnputil.exe /add-driver E:\DriverExport\*.inf /subdirs /install

「E:\DriverExport」は、バックアップしたデバイスドライバーを格納しているフォルダー名なので、環境に合わせて変更してください。

留意点

dismコマンドでエクスポートできるデバイスドライバーは、一般的な方法でインストールされたデバイスドライバーのみとなるため、エクスポートできないデバイスドライバーもまれにあるようです。

また、プリンターなどで、デバイスドライバーとユーティリティソフトが一体的にインストールされている場合、ここで紹介した方法でのバックアップでは、ユーティリティソフトなどはバックアップされません。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る