Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

Windows10で「システムの保護」機能を有効化すると、システムに変更が加えられた時や一定期間(1週間)ごとに復元ポイントが自動的に作成されますが、この復元ポイントは、システムを復元するときだけでなく、誤ってファイルを削除/更新してしまったときに「以前のバージョンの復元」を使って戻すときにも利用されるため、定期的に復元ポイントを作成しておきたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは、Windows10で定期的に復元ポイントを作成する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

復元ポイントを定期的に作成する

復元ポイントを定期的に作成する場合、グループポリシーやレジストリ設定でも毎日復元ポイントを作成するよう設定できますが、決められた時刻に復元ポイントを作成したい場合は、タスクスケジューラにタスクを作成する方法がおススメです。

タスクスケジューラを使って、復元ポイントを定期的に作成する手順は、次のとおりです。

まず、以下の記事を参考に「システムの保護」機能を有効化しておきます。

Windows10の「システムの保護(システムの復元)」の使い方
ここでは、Windows10で「システムの保護」機能の有効化(無効化)、復元ポイントの作成/削除、復元ポイントからのシステムの復元、を設定画面から行う方法と、コマンドで行う方法を紹介します。

つぎに、スタートメニューのプログラム一覧から「Windows管理ツール」>「タスクスケジューラ」をクリックします。

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

「タスクスケジューラ」が起動したら、画面右側の操作メニューから「タスクの作成」をクリックします。

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

「タスクの作成」画面が開くので、それぞれのタブを以下のように設定します。

全般タブ

全般タブでは、以下の内容を設定します。

  • タスクの名前:管理しやすい名前を入力
  • 最上位の特権で実行する:チェックオン
  • 「ユーザーがログオンしているかどうかに関係なく実行する」を選択

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

トリガータブ

トリガータブでは「新規」をクリックして実行頻度や時刻を設定し、ここでは例として、毎日昼休みの時間帯(12:10~)に実行するよう設定します。

なお、復元ポイントの作成間隔の最短は「1日」です。

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

操作タブ

操作タブでは「新規」をクリックして、実行するプログラムを指定します。

  • 操作:プログラムの開始
  • プログラム/スクリプト:%SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe
  • 引数の追加(オプション):-ExecutionPolicy RemoteSigned -Command "Checkpoint-Computer -Description "日次の復元ポイント""

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

条件タブ

条件タブでは、以下の項目を設定します。

  • コンピューターの電源をバッテリに切り替える場合は停止する:チェックオフ
  • コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する:チェックオフ

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

設定タブ

設定タブは既定値のまま「OK」をクリックして、タスクの作成完了です。

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

以上で、指定した頻度・時刻に自動的に復元ポイントが作成されるようになります。

動作確認

復元ポイントが正常に作成されているか確認したいときは、管理者権限でPowerShellを起動して「Get-ComputerRestorePoint」コマンドレットを実行することで、作成された復元ポイントを確認できます。

Windows10で復元ポイントを定期的に作成する方法

あとがき

誤ってファイルを削除/更新してしまったときに「以前のバージョンの復元」を使って戻すことが予想されるなら、定期的に復元ポイントを作成しておくと安心でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ