Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

Windows 10には、Windowsに何らかのトラブルが発生したときに初期化するためのデータやプログラムが格納されている「回復パーティション」と呼ばれる特別な領域があります。

回復パーティションはWindowsをアップグレードしたときなどに自動的に作成されるため、通常はユーザーが何か手を加えることはありませんが、回復パーティションに格納されているデータに更新プログラムが適用されるときに、回復パーティションのサイズが小さいために更新プログラムが適用できないといったトラブルに見舞われることがあります。

Memo

たとえば、2024年1月9日に公開されたセキュリティ更新プログラム「KB5034441」は、回復パーティションのサイズが小さいと「ダウンロード エラー - 0x80070643」などのエラーが発生してインストールできません。

そこでここでは、一般的なWindows 10パソコンを例に回復パーティションのサイズを拡張する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

作業の流れ

ここでは、以下のような一般的なWindows 10のディスクレイアウトのパソコンで、ディスク後方にある回復パーティションのサイズを1024MBに拡張します。(1024MBに拡張しておけば、回復パーティションのサイズが小さいことが原因による更新プログラムのインストールエラーはまず起きません。)

Memo

回復パーティションがディスクの前方に存在する場合や、ディスク内に複数の回復パーティションが存在する場合は、ここで紹介している手順では回復パーティションのサイズを拡張できないのでご注意ください。

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

自分のパソコンのディスクレイアウトは「ディスクの管理」画面で確認できます。

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

作業の流れは、以下のとおりです。

  1. Windows回復環境のステータスを確認し、有効化されている場合は無効化する
  2. Windowsがインストールされたパーティションのサイズを縮小する
  3. 既存の回復パーティションを削除する
  4. 新しい回復パーティションを作成する
  5. Windows回復環境を有効化する

1.Windows回復環境を無効化する

まず、管理者としてコマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行し、現在のWindows回復環境のステータスを確認します。

> reagentc /info

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

コマンド実行後、出力情報の「Windows REの状態」欄が「Enabled」なら、以下のコマンドを実行して、Windows回復環境を無効化します。

> reagentc /disable

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

2.OSパーティションのサイズを縮小する

次に、OSパーティションのサイズを回復パーティションの拡張分だけ縮小します。

まず、コマンドプロンプト画面で以下のコマンドを実行し、Diskpartツールを起動します。

> diskpart

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

Diskpartツールを起動したら、以下のコマンドを実行してOSがインストールされているディスクの番号を確認します。

> list disk

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行してOSがインストールされているディスクを選択します。(ここでは、ディスク1がOSがインストールされているディスクなので「1」を指定しています。)

> select disk 1

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行してOSがインストールされているパーティションの番号を確認します。

> list partition

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行してOSがインストールされているパーティションを選択します。(ここでは、パーティション3がOSがインストールされているパーティションなので「3」を指定しています。)

> select partition 3

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行してOSがインストールされているパーティションのサイズを縮小します。なお、縮小するサイズは「1024MBー現在の回復パーティションのサイズ」です。

以下のコマンドでは、460MB縮小しています。

> shrink desired=460 minimum=460

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

3.既存の回復パーティションを削除する

次に、既存の回復パーティションを削除するために、以下のコマンドを実行して回復パーティションの番号を確認します。

> list partition

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行して回復パーティションを選択します。(ここでは、パーティション4が回復パーティションなので「4」を指定しています。)

> select partition 4

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

次に、以下のコマンドを実行して現在の回復パーティションを削除します。

> delete partition override

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

4.新しい回復パーティションを作成する

次に、新しい回復パーティションを作成するために、以下のコマンドを実行して現在選択しているディスクのパーティションスタイルを確認します。

> list disk

コマンド実行後、現在選択しているディスク(ディスク番号の左側にアスタリスク(*)がついているディスク)のGPT列を確認して、GPT列にアスタリスク(*)が付いていればGPTで、付いていなければMBRです。

以下の画面では、GPT列にアスタリスク(*)がついているので、パーティションスタイルはGPTとなります。

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

パーティションスタイルがGPTの場合は、以下のコマンドを順に実行して新しい回復パーティションを作成します。

> create partition primary id=de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac
> gpt attributes =0x8000000000000001

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

パーティションスタイルがMBRの場合は、以下のコマンドを実行して新しい回復パーティションを作成します。

> create partition primary id=27

回復パーティションを作成したら、以下のコマンドを実行して作成したパーティションをフォーマットします。

> format quick fs=ntfs label=”Windows RE tools”

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

パーティションをフォーマットしたら、以下のコマンドを実行して、正常に回復パーティションが作成されたことを確認します。

> list volume

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

確認が済んだら「exit」と入力してエンターキーを押し、Diskpartツールを終了します。

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

5.Windows回復環境を有効化する

次に、以下のコマンドを実行してWindows回復環境を有効化します。

> reagentc /enable

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

最後に、以下のコマンドを実行してWindows回復環境が正常に有効化されたか確認します。

> reagentc /info

コマンド実行後、出力情報の「Windows REの状態」欄が「Enabled」ならOKです。

Windows 10で回復パーティションのサイズを拡張する方法

以上で作業完了です。

参考URL

KB5028997: Instructions to manually resize your partition to install the WinRE update - Microsoft Support