Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

最近では、日本語の音声認識精度の向上により、OSやアプリを利用して音声から文章(テキスト)を入力する「音声入力」機能を利用している方も多くなってきているように感じます。

そこでここでは、Windows10で音声から文章(テキスト)を入力するときの、代表的な機能やアプリを4つ紹介します。

Windows10で再生している音声や動画から文章(テキスト)を入力する方法
Windows10で音声から文章(テキスト)を文字を入力したい場合、マイクの音声からテキスト入力するのが一般的ですが、パソコンで再生して...
Android端末でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法
Android端末をボイスレコーダーとして使用している方も多いと思いますが、最近では音声を録音するだけでなく、音声から直接文章(テキスト...

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

Windows音声認識

Windowsでは、Windows7時代から「Windows音声認識」機能が標準搭載されており、マイクからの音声で、Windows10を操作したり文章を入力したりできます。

Windows音声認識で、マイクからの音声で文章を入力することができるのは、メモ帳やWordなど一部のソフトウェアに限られますが、Windows10の標準搭載機能で対応したいときには有効な手段です。

Windows10を音声で操作したり、音声で文章を入力する方法
Windows10での音声アシスタント機能といえば「Cortana」ですが、それ以外にもマイクからの音声で、Windows10を操作した...

Microsoft Word

Web 版の Excel、Word、PowerPoint I Office 無料

Web版やMicrosoft365向けのデスクトップ版「Microsoft Word」には「ディクテーション」機能が搭載されており、マイクからの音声で文章(テキスト)を入力することができます。(Web版は無料で利用できます。)

「ディクテーション」機能は、Wordの画面で「ホーム」タブから「ディスクテーション」をクリックすることで利用でき、マイクからの音声で文章を入力できます。

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

また、音声入力で問題となる句読点についても、通常は「くてん」などと読み上げて入力する必要がありますが、Wordのディクテーションには「句読点の自動挿入」機能が搭載されており、有効化することで、句読点の挿入をかなり的確に行ってくれます。

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

トランスクリプト

Web版の「Microsoft Word」では、Microsoft365を契約していると「トランスクリプト」機能が利用できます。

トランスクリプト機能では、マイクからの音声で文章(テキスト)を入力できるだけでなく、音声ファイルからの文字起こしにも対応しており、マイクからの音声やアップロードした音声ファイルは、OneDriveに保存されます。

また、会議などで話者が複数いる場合に話者別にタイムスタンプ付きで表示でき、話者ごとに音声を再生したり、テキストを修正したり、会話の一部だけを文書にコピーしたりできます。

トランスクリプト機能は、Wordの文書作成ページで「ホーム」タブの「ディスクテーション」の下にある「▼」をクリックして「トランスクリプト」を選択することで利用できます。

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

Microsoft PowerPoint

Web版やMicrosoft365向けのデスクトップ版「Microsoft PowerPoint」にも「ディクテーション」機能が搭載されており、マイクからの音声で文章を入力することができます。(Web版は無料で利用できます。)

「ディクテーション」機能は、PowerPointの画面で「ホーム」タブから「ディスクテーション」をクリックすることで利用でき、マイクからの音声で文章(テキスト)を入力できます。

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

Googleドキュメント、スライド

Google ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービス

Webブラウザからオンラインで利用できるGoogle製オフィスツール「Googleドキュメント」「Googleスライド」では、マイクからの音声で文章を入力することができます。

たとえば、Googleドキュメントの場合は、文書作成ページで、ツールバーから「ツール」>「音声入力」を選択し、画面の左側に表示されるマイクアイコンをクリックすることで、音声から文章(テキスト)を入力できます。

Windows10でマイクの音声から文章(テキスト)を入力する方法

あとがき

キー入力と音声入力を上手に使い分ければ、資料作成や議事録作成などを効率よく行えるようになるので、まだ音声入力を使ったことがないという方はぜひ試してみてください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ