Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

Windowsを長く利用していると、何らかのトラブルには見舞われることは避けられませんが、Windowsにはトラブルが発生したときに原因の調査や解決に役立つ機能が搭載されており、それらを上手に活用すれば、トラブルシューティングに役立てることができます。

そこでここではWindows 10を例に、トラブルシューティングに役立つ機能を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

トラブルの調査に役立つ機能

信頼性モニター

信頼性モニターでは、システム動作中に発生するイベントや問題などを収集して、それらのデータを基に、システムの安定性を日別・週別で評価しており、評価結果は一定期間保存されています。

信頼性モニターの使い方

「信頼性モニター」は「コントロール パネル」の一項目なので、まずはスタートメニューのプログラム一覧などから「コントロール パネル」を開きます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

「コントロールパネル」を開いたら「システムとセキュリティ」にある「コンピューターの状態を確認」をクリックします。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

「セキュリティとメンテンナス」画面が開くので、画面中央の「メンテナンス」を展開し「信頼性履歴の表示」というリンクをクリックします。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

すると「信頼性モニター」が開きます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

コントロールパネルから開くのが面倒な場合は、スタートボタン右にある「検索ボックス」に「perfmon /rel」と入力してエンターキーを押せば、直接「信頼性モニター」を開くことができます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

信頼性モニターは、上部のグラフと下部のリストビューから成り、上部のグラフでは、OSの安定性を1から10の10段階で評価した結果が、日別もしくは週別に表示でき、評価結果の推移を確認できます。(「10」が最も安定している状態です)

グラフの下にある「×」や「!」などのアイコンは、エラーや警告などの安定性に関わるイベントや、アップデートの成功などを表しています。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

グラフで特定の日・週を選択すると、画面下半分のリストビューにイベントの一覧が表示され、イベントの詳細を確認することができます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

信頼性モニターを利用することで、パソコンの調子がなんかおかしいなと感じたときに、いつごろからどんな問題が発生していたかを確認するのに役立ちます。

イベントビューアー

Windows環境では、システムやアプリケーションの動作状況がイベントログとして記録されており、トラブル発生時にはエラーログなどが記録されていることも多いことから、原因調査の際は最優先で確認すべき情報となります。

イベントログはイベントビューアを使って確認することができます。

イベントビューアーの使い方

「イベントビューアー」は、「スタート」メニュー「Windows 管理ツール」>「イベントビューアー」から起動します。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

起動すると次のような画面が表示されます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

イベントビューアーを起動したら、次のような流れでログを確認します。

  1. ①でログの種類を選択します。
  2. ①で選択した種類のログが、②に一覧表示されるので、確認したいログを選択します。
  3. ③に選択したログの内容が表示されるので、表示内容を確認します。
  4. エラーなどで調査が必要な場合は、③に記載されているイベントソース・イベントID・ログの内容などを基にします。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

ログを絞り込むときは

イベントビューアーでは、上の画像の①に表示されているように、ログが種類ごとに整理されていますが、ログの種類は問わずエラーログだけを確認したいときなど、違う切り口でログを確認するときに役立つ「カスタムビュー」機能が搭載されています。

ここでは、カスタムビューの作成方法には触れませんが、イベントビューアーには、デフォルトで「管理イベント」というカスタムビューが登録されており、このカスタムビューを選択すると、ログの種類は問わず重大/エラー/警告のログだけを抽出してくれます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

WindowsやWindows上のアプリの動作がおかしいときは、カスタムビュー「管理イベント」を確認することで、どこで何が発生しているのかをある程度把握することができます。

システム診断レポート

Windows環境でパフォーマンスに関する問題が現在進行形で発生している場合は、システム診断レポートを確認することで、ハードウェアリソースやシステムレスポンスタイム、プロセスのステータスなど、システムのパフォーマンスについての情報を確認することができます。

システム診断レポートを作成する手順は、次のとおりです。

まず「ファイルを指定して実行」などから、以下のコマンドを実行します。

> perfmon /report

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

すると「リソースとパフォーマンスモニター」画面が開き、システム診断が開始されます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

診断が完了すると、以下のような診断レポートが表示されます。

診断レポートの「診断結果」欄では、システムの状態に問題がないかをチェックした結果を確認できます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

また、診断レポートでは、診断結果以外にも、ソフトウェア構成、ハードウェア構成、CPU/ネットワーク/ディスクの利用状況や設定状況も確認できます。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

たとえば「ディスク」欄の「ホットファイル」では「最も多くのディスクI/Oを引き起こしているファイル」を確認することができ、トラブルシューティングに有用です。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

トラブルの解決に役立つ機能

トラブルシューティングツール

Windowsには、Windowsシステムの問題を解決するためのトラブルシューティングツールが搭載されており、一般的な問題であればトラブルシューティングツールを利用することで解決できる可能性があります。

トラブルシューティングツールは、Windowsの「設定」から「更新とセキュリティ」>「トラブルシューティング」>「追加のトラブルシューティング」を順に選択します。

Windowsでのトラブルシューティングに役立つ機能一覧

トラブルシューティングツールには、以下の機能についてのツールが用意されています。

  • Windows Update
  • インターネット接続
  • オーディオの再生
  • プリンター
  • Bluetooth
  • DirectAccessを使用した職場への接続
  • Windowsストアアプリ
  • オーディオの録音
  • キーボード
  • ネットワークアダプター
  • ビデオの再生
  • プログラム互換性のトラブルシューティングツール
  • 共有フォルダー
  • 検索とインデックス作成
  • 着信接続
  • 電源
  • 音声認識

システムファイルチェッカー

Windowsには、システムファイルが破損したり意図せず上書きされたりして、動作が不安定になったときの修復ツールとして「システムファイルチェッカー(sfcコマンド)」が搭載されています。

システムファイルチェッカーは、コマンドラインのシステムファイル修復ツールで、システムファイルをスキャンして、破損したり上書きされてしまったシステムファイルを探し出し、適切なファイルと置き換えることで修復を行ってくれます。

システムファイルチェッカーの使い方は、以下の記事をご覧ください。

Windows 10でシステムファイルを修復する方法
ここでは、Windows 10でシステムファイルチェッカー(sfcコマンド)を使ってシステムファイルを修復する方法を紹介します。

セーフモード

Windowsには、Windowsの動作に必要な最低限のプログラムのみを読み込んで起動するモードとして「セーフモード」搭載されており、Windowsをセーフモードで起動することでトラブルや不具合の原因を特定したり修復する際に役立ちます。

Windowsをセーフモードで起動する方法は、以下の記事をご覧ください。

Windowsをセーフモードで起動する5つの方法
ここでは、Windows10や11をセーフモードで起動する方法として「電源メニュー」「Windowsの設定」「コマンド」「F8キー」のそれぞれから起動する方法を紹介します。

クリーンブート

クリーンブートは、セーフモードと同じようにWindowsの起動時に読み込まれるプログラムを制限することでトラブルシューティングを行う機能ですが、セーフモードと異なり、Windows起動時に読み込まれるサービスやアプリケーションを自分で選択することできるので、トラブルの原因となっているアプリケーションをピンポイントで特定したいときに役立ちます。

Windowsをクリーンブートで起動する方法は、以下の記事をご覧ください。

Windowsをクリーンブートで起動してトラブルの原因を特定する方法
ここでは、インストールしているアプリが原因でOSが不安定なときに、どのアプリが原因かを特定するときに役立つ起動方法「クリーンブート」の使い方を解説します。

完全シャットダウン

Windowsでトラブルが発生したときに正常な状態に戻したい場合、再起動やシャットダウンを行ってみるというのが効果的な対処方法の一つですが、Windows 10や11のシャットダウンには「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」の2種類があり、一般的な操作で実行される通常シャットダウンは、場合によっては問題が解決できないばかりか、予期せぬ問題を新たに引き起こすおそれがあるため、トラブルシューティングとしてWindowsをシャットダウンするなら「完全シャットダウン」が有効な方法となります。

Windowsを完全シャットダウンする方法は、以下の記事をご覧ください。

Windows 10や11を完全シャットダウンする方法は?通常シャットダウンとの違いは?
ここでは、完全シャットダウンが通常のシャットダウンとどう違のかや、Windows 10や11を完全シャットダウンする方法を3つ紹介します。

Windows回復環境

Windows回復環境は、Windowsでトラブルシューティングを行うための環境で以下のような機能が利用できます。

  • このPCを初期状態に戻す - Windowsを初期化できます。
  • スタートアップ修復 - Windowsの読み込みを妨げている問題を修正します。
  • スタートアップ設定 - Windowsのスタートアップ動作を変更します。(セーフモードで起動するときなどに使用します。)
  • コマンドプロンプト - 高度なトラブルシューティングのためにコマンドプロンプトを起動できます。(レジストリエディターの起動もできます。)
  • 更新プログラムのアンインストール - 最近インストールした更新プログラムの削除ができます。
  • UEFIファームウェアの設定 - UEFIの設定画面を表示できます。
  • システムの復元 - 記録された復元ポイントを使ってWindowsを復元できます。
  • イメージでシステムを回復 - システムイメージバックアップを使ってWindowsを回復できます。

なお、Windows回復環境は、Windowsをセーフモードで起動するときと同じ手順で起動できるだけでなく、インストールメディアや回復ドライブ(事前作成の必要あり)などを使えば、起動できないWindowsから起動することもできます。

あとがき

Windows環境でトラブルが発生した際は、上で紹介している機能を使えば、原因の調査や問題の解決ををよりスムーズに進めることができるでしょう。