Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

Windows10には、システムの動作がおかしくなったときのトラブルシューティングツールとしても役立つ機能として「信頼性モニター」「イベントビューアー」「パフォーマンスモニター」「リソースモニター」などがありますが、一つずつ開いて確認するのは骨が折れます。

そんなときに役立つのがパフォーマンスモニターで作成できる「システム診断レポート」です。

システム診断レポートには、システム診断の結果とともに、システム情報や構成データ、ハードウェアリソース、システムレスポンスタイム、プロセスのステータスに関する情報が記載されており、システム上の問題点を発見するのに役立ちます。

そこで、ここではWindows10で「システム診断レポート」を作成する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

システム診断レポートの作成方法

システム診断レポートを作成するには「ファイルを指定して実行」などから、以下のコマンドを実行します。

perfmon /report

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

すると「リソースとパフォーマンスモニター」画面が開き、システム診断が開始されます。

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

診断が完了すると、以下のような診断レポートが表示されます。

診断レポートの「診断結果」欄では、システムの状態に問題がないかをチェックした結果を確認できます。

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

また、診断レポートでは、診断結果以外にも、ソフトウェア構成、ハードウェア構成、CPU/ネットワーク/ディスクの利用状況や設定状況も確認できます。

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

たとえば「ディスク」欄の「ホットファイル」では「最も多くのディスクI/Oを引き起こしているファイル」を確認することができ、トラブルシューティングに有用です。

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

なお、出力された診断レポートを保存しておきたいときは、画面上部の「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックすることで、HTML形式ファイルとして保存することができます。

Windows10の動作がおかしいときは「システム診断レポート」を作成してみよう

あとがき

Windows10の動作がなんかおかしいなぁと感じたときに、トラブルシューティングの初動で「システム診断レポート」を作成すれば、いろんなツールを駆使しなくても、システム上の問題点をいち早く発見するのに役立つこともあるでしょう。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る