Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

Windows10でアプリケーションやデバイスドライバーをインストールしてシステムの動作が不安定になったときのトラブルシューティング方法として「セーフモード」がありますが、これとよく似た方法として「クリーンブート」があります。

そこで、ここではWindows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違いを紹介します。

Windows10を素早くセーフモードで起動する方法
Windows10を使用していて、何か問題が発生した場合などのトラブルシューティングとして、マシンをセーフモードで起動してトラブルシュー...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

クリーンブートとセーフモードの違い

クリーンブートとセーフモードは、どちらもWindows10の起動時に読み込まれるプログラムを制限することでトラブルシューティングを行うための機能です。

両者の違いとしては、セーフモードは必要最低限のプログラムしか読み込まない状態でWindowsを起動することで、原因がOSか、インストールしたデバイスドライバーやアプリケーションかをざっくりと切り分けるときに利用したり、通常起動でアンインストールできないデバイスドライバーやアプリケーションをアンインストールするときに利用します。

ただし、セーフモードで読み込まれるプログラムはあらかじめ決まっており、ユーザーが変更することはできません。

対してクリーンブートでは、Windows起動時に読み込まれるサービスやアプリケーションを自分で選択することで、トラブルの原因となっているアプリケーションを特定するときに利用します。

Windowsをクリーンブートで起動する方法

Windows10をクリーンブートで起動する手順は、次のとおりです。

まず、Windows10に管理者ユーザーとしてサインインし、スタートメニューのプログラム一覧から「Windows管理ツール」>「システム構成」を選択します。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

「システム構成ユーティリティ」画面が開くので「サービス」タブで「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れてから「すべて無効」をクリックします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

次に「スタートアップ」タブで「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブが開くので、スタートアップ項目のそれぞれを選択して「無効にする」をクリックし、すべてのスタートアップ項目の状態を「無効」にします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

タスク マネージャーを閉じ「システム構成ユーティリティ」画面で「OK」をクリックします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

確認画面が表示されるので「再起動」をクリックしてWindows10を再起動すると、Windows10がクリーンブートで起動します。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

トラブルシューティング方法

クリーンブートで起動したWindows10でトラブルの原因を特定するときの効率的な方法としては、まずクリーンブートで起動した状態で問題が発生していないか確認してから、次の手順を繰り返すことで問題を特定します。

Memo

クリーンブートで起動した状態ですでに問題が発生している場合は、OSそのものに問題がある可能性が高いため、Windows10を初期化するなどの方法を検討します。

  1. 「システム構成ユーティリティ」を開き、無効化したサービスの半分を有効化し、再起動します。
  2. 問題が発生していないか確認し、問題が発生している場合は、有効化したサービスの中に原因があるため、さらに有効するサービスを絞り込んで原因を特定し、問題が発生していない場合は、つぎにスタートアップの半分を有効化して再起動します。
  3. 問題が発生していないか確認し、問題が発生している場合は、有効化したスタートアップの中に原因があるため、さらに有効するスタートアップを絞り込んで原因を特定し、問題が発生していない場合は、手順1に戻ります。

通常起動に戻するときは

Windows10を通常起動に戻するときは、先ほどと同じ手順で「システム構成ユーティリティ」を開き「全般」タブで「通常スタートアップ」をクリックします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

つぎに「スタートアップ」タブから「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブを開き、スタートアッププログラムをすべて有効にします。

Memo

元から無効の項目は有効にする必要はありません。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

タスク マネージャーを閉じ「システム構成ユーティリティ」画面で「OK」をクリックします。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

コンピューターを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されるので「再起動」をクリックすれば、通常起動に戻ります。

Windows10をクリーンブートで起動する方法とセーフモードとの違い

あとがき

クリーンブートはインストールしているアプリケーションが原因でOSが不安定なときに、どのアプリケーションが原因かを特定するときに役立ちます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ