Windows10で未署名のデバイスドライバーがインストールできないときは

Windows10で、デバイスドライバーのインストール時に「指定されたカタログファイルにファイルのハッシュがありません。」や「「サードパーティのINF にデジタル署名情報が含まれていません。」というエラーメッセージが出て、デバイスドライバーがインストールできない場合があります。

ここでは、そのような場合にインストールできるようにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

なぜインストールできないのか

Windows10では、デジタル署名がないデバイスドライバーは、デフォルトでインストールできなくなっています。

セキュリティを考えると、安全性を高める上で必要な仕様ではありますが、未署名のデバイスドライバーしか提供されていない機器を利用したい場合に、デバイスドライバーがインストールできず利用できないという不便さがあります。

未署名のデバイスドライバーをインストールする手順

未署名のデバイスドライバーをインストールするには、以下の手順を実施します。

セキュアブートの確認

まず、PCのセキュアブート機能が有効かどうかを確認します。

「スタート」ボタン右のCortana検索ボックスに「msinfo32.exe」と入力し[Enter]キーを押します。

「システム情報」画面が表示されるので「システムの要約」の「セキュアブートの状態」の値を確認し、値が「無効」の場合は、そのまま次の手順へ進みます。

値が「有効」の場合は、無効化する必要があります。無効化するには、PC起動時にUEFI画⾯に入って、セキュアブート機能を無効化します。(UEFI上でセキュアブートを無効化する手順は、PCにより異なりますので、各自お調べください)

テストモードを有効化する

次に、Windows10で管理者モードでコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

bcdedit /set TESTSIGNING ON

コマンドの実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されればOKです。

なお、テストモードが有効な状態のWindowsにログオンすると画面右下にテストモードであることが表示されます。

ドライバー署名の強制を無効化

次に、Windows10で「設定」の「更新とセキュリティ」から「回復」を選択し「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリックします。

すると、しばらくしてオプションの選択画⾯が表示されるので「トラブルシュー ティング」> 「詳細オプション」>「その他の修復オプションの表示」>「スタートアップ設定」を順に選択します。

以下のような画面が表⽰されるので「再起動」をクリックしてPCを再起動します。

再起動すると、スタートアップ設定画⾯が表示されるので、キーボードの「F7」キーを押して「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択します。

これで、ドライバー署名の強制が無効となった状態でWindowsが起動し、未署名のデバイスドライバーをインストールできる状態になります。

デバイスドライバーのインストール

未署名のデバイスドライバーがインストールできる状態になっているので、インストールします。

テストモードを無効化する

デバイスドライバーのインストール後は、テストモードを無効化に戻します。

Windows10で管理者モードでコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

bcdedit /set TESTSIGNING OFF

コマンドの実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていればOKです。

動作確認

最後に、PCを再起動してデバイスドライバーが正常に機能しているか確認します。

デバイスドライバーによっては、テストモードにしておかないと正常に動作しない場合があるようなので、その場合はテストモードを再度有効化し、そのままの状態で運用します。

あとがき

手順が結構面倒で、セキュリティの強化と利便性がトレードオフであることを実感しました。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る