Windows10をシャットダウンや再起動する時に「他のユーザーがこのPCを使っている・・・」と表示される

Windows10をシャットダウンや再起動する際に、以下の画像のように「他のユーザーがこのPCを使っている…」と表示されることがあります。

共用のPCであれば、この表示を気にする必要がありますが、自分しか使っていないことが明らかな場合は、強制的にシャットダウンや再起動しても問題ないですが、毎回このような表示が出るのがウザいときは、この表示を出ないよう設定することができます。

そこで、ここでは上記の表示が出ないようする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1809

表示が出る理由

更新プログラムの中には、Windowsにサインインしないと適用が完了しないものがあり、Windows10には、これを自動的に完了してくれる機能があります。

この機能が有効だと、シャットダウンや再起動時に「他のユーザーがこのPCを使っている・・・」という表示が出るようです。

更新または再起動の後に PC のセットアップを自動的に完了する | Microsoft

設定方法

上記の表示が出ないようにするには、PCにサインインするアカウントごとに、次の設定が必要です。

まず、Windowsの「設定」画面を開き「アカウント」をクリックします。

次に、左側のメニューから「サインインオプション」を選択し、画面下部にある「サインイン情報を使用して…」の設定を「オフ」に変更します。(デフォルトでは、以下の画像のように「オン」に設定されています)

以上で設定完了です。

あとがき

なお、上記の設定により、シャットダウンや再起動時に「他のユーザーがこのPCを使っている…」と表示されることはなくなりますが、各ユーザーごとでサインインして完了させる必要がある更新プログラムが自動で完了されなくなり、利便性が若干損なわれることは理解しておきましょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る