Windows10:簡単なシャットダウン・再起動・ログオフ方法

Windows10には、シャットダウン・再起動・ログオフ(サインアウト)する方法が以下のように何通りもありますが、ここではもっともお手軽に実行できる方法をご紹介します。

それは、デスクトップにシャットダウン・再起動・ログオフするショートカットを作成しておくのです。これで、ワンクリックでシャットダウン・再起動・ログオフできます。地味に便利です。

シャットダウン・再起動・サインアウトする方法

  • スタートメニューからシャットダウン・再起動・ログオフする
  • ログオン画面からシャットダウン・再起動する
  • スタートボタンを右クリックしてシャットダウン・再起動・ログオフする
  • [Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押してシャットダウン・再起動・ログオフする
  • [Alt]+[F4]キーを押してシャットダウン・再起動・ログオフする
  • コマンドを実行してシャットダウン・再起動・ログオフする

手順

ショートカットを作成

  1. デスクトップの何もないところを右クリックします
  2. メニューから「新規作成」→「ショートカット」を選択します
  3. テキストボックス「項目の場所を入力してください」にシャットダウン・再起動・ログオフそれぞれに応じたコマンドを入力します
    通常シャットダウン:shutdown /s /t 0
    高速シャットダウン:shutdown /s /t 0 /hybrid
    再起動:shutdown /r /t 0
    ログオフ:logoff
  4. ショートカットの名前はわかりやすい名前にしておきます

ショートカットアイコンを変更

ショートカットがデスクトップにできますが、何のアイコンかわかりにくいので、アイコンのデザインを変更します。

  1. 作成したショートカットを右クリックして「プロパティ」を開きます
  2. プロパティが開いたら、「アイコンの変更」ボタンをクリック
  3. 好きなアイコンを選択し、OKをクリックします。

これで作成したアイコンをダブルクリックすればシャットダウン・再起動・ログオフできるようになりました。

私は、下のようなアイコンにして、タスクバーに配置しています。(左からシャットダウン・再起動・ログオフです)

まとめ

最初にショートカットを作る手間はありますが、作ってしまえば地味に便利です。

スポンサーリンク