Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

Windows10で、作業を一時中断したい時などでスリープや休止状態を利用している方も多いと思いますが、スリープや休止状態から復帰するときは、デフォルトの設定ではサインインが必要になりますが、自分しか使わないパソコンなどでは、復帰時のサインインが面倒と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここでは、Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

復帰時にサインインを不要にする

スリープや休止状態から復帰するときに、サインインを不要にする手順は次のとおりです。

スタートメニューなどからWindowsの「設定」アプリを開き「アカウント」をクリックします。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

「アカウント」画面が開いたら、左側のメニューから「サインインオプション」を選択して「サインインを求める」欄の「しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるタイミング」で「常にオフ」を選択します。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

通常は、上の設定で復帰時にサインインが不要になりますが、上の設定を行ってもサインインを求められる場合は、スクリーンセーバーの設定を確認します。

スクリーンセーバーの設定を変更する

先ほどと同じように、Windowsの「設定」アプリを開き「個人設定」をクリックします。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

「個人設定」画面が開いたら、左側のメニューから「ロック画面」を選択して「スクリーンセーバー設定」をクリックします。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

「スクリーンセーバーの設定」画面が表示されるので「再開時にログオン画面に戻る」のチェックを外し「OK」をクリックします。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法

あとがき

複数の人が利用するパソコンや、外に持ち出すことがあるパソコンなどでは、スリープや休止状態からの復帰時にサインインを不要にしてしまうと、意図しないユーザーに操作されてしまうといったように、セキュリティが低下するのでご注意ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ