Windows10:OpenSSHクライアントの操作ログを記録する

Windows10では「April 2018 Update」でSSHにネイティブで対応しました。これで、SSHサーバへ接続するためにSSHクライアントソフト(Puttyなど)をインストールする必要がなくなりました。

ただ、ネイティブのOpenSSHクライアントを使った場合、そのままではクライアント上で操作ログを記録することができません。そこで「Windows PowerShellスクリプト」を使って、ssh接続時に自動で操作ログを記録する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
製品 Windows10 Professional 64bit
バージョン 1803(April 2018 Update)

手順

スクリプト実行ポリシーの変更

PowerShellは、セキュリティ上の理由でスクリプトの実行ポリシー(どのような条件でスクリプトを実行するか)がデフォルトで「Restricted(すべてのスクリプトを実行しない)」に設定されています。

以下で紹介するスクリプトファイルを実行できるようにするため、実行ポリシーを事前に「RemoteSigned」に変更しておきます。

管理者権限でPowerShellを起動して、以下のコマンドを実行します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

操作ログ記録付きSSH接続スクリプトの作成

SSH接続時に操作ログを自動で記録するために、以下のようなスクリプトファイル(ps1ファイル)を作成します。

#自身のパスを取得
$scriptPath = $MyInvocation.MyCommand.Path
$LogFolder = Split-Path -Parent $scriptPath

#日時を取得
$TimeStamp = (Get-Date -Format 'yyyyMMdd-HHmmss')

#操作ログのフルパスを生成
$LogFilePath = $LogFolder + '\PS_' + $TimeStamp + '.log'

#ログファイルを指定して操作ログの記録を開始
Start-Transcript -Path $LogFilePath -Append

#SSH接続開始
ssh tarou@192.168.1.200

スクリプトファイルの名前は、接続先がわかるようたとえば「192.168.1.200.ps1」などとして保存します。

あとは、このPowerShellスクリプトファイルを実行すれば、スクリプトファイルと同じ場所にログファイルが生成され、SSH接続開始以降の操作ログを記録してくれます。SSH接続終了時は、自動的にスクリプトが終了してログの記録も終了します。

Memo

この方法では、viコマンドでテキストファイルを編集した内容などは記録できません。

まとめ

完全な操作ログとはいきませんが、Windowsネイティブツールだけでもこれぐらいはできそうです。PuttyなどのSSHクライアントソフトが導入できない環境では役立てそうです。

スポンサーリンク