Windows10に標準搭載されたSSHコマンドの基本的な使い方

Windows10に標準搭載されたSSHコマンドの基本的な使い方

Windows10は「April 2018 Update(バージョン1803)」で、SSHにネイティブで対応し、これまでリモートサーバーなどにSSH接続する場合に必須だったサードパーティーのSSHクライアントソフト(Puttyなど)がなくても、標準搭載コマンドでSSH接続できるようになりました。

そこでここでは、Windows10に標準搭載されたsshコマンドを利用して、リモートサーバーへ接続する手順や、鍵ファイルの生成手順などを紹介します。

なお、Linux環境のsshコマンドと使い方はほぼ同じです。

Memo

SSHで利用できる各コマンド(scp, sftp, ssh, ssh-add, ssh-agent, ssh-keygen, ssh-keyscan)の詳しい使い方を知りたい場合は、OpenSSHのマニュアルの参照をおすすめします。

OpenSSH: Manual Pages

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

OpenSSHファイル群

OpenSSHファイル群は、以下のフォルダーに配置されています。

PS C:\> Get-ChildItem C:\Windows\System32\OpenSSH


    ディレクトリ: C:\Windows\System32\OpenSSH


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2021/10/06     22:25         307712 scp.exe
-a----        2021/10/06     22:25         374272 sftp.exe
-a----        2021/10/06     22:25         481280 ssh-add.exe
-a----        2021/10/06     22:25         382976 ssh-agent.exe
-a----        2021/10/06     22:25         662016 ssh-keygen.exe
-a----        2021/10/06     22:25         557568 ssh-keyscan.exe
-a----        2021/10/06     22:25         946176 ssh.exe

リモートサーバーへSSH接続するには

標準搭載されたSSHコマンドを使ってリモートサーバーへSSH接続する手順は、コマンドプロンプトもしくはPowerShellを起動し、以下のいずれかのコマンドを実行します。

以下は「tarou」というユーザー名で「remote-server」に接続する場合の例です。

PS C:\> ssh tarou@remote-server
PS C:\> ssh -l tarou remote-server

接続を終了するときは「exit」と入力します。

なお、リモートサーバに初めて接続したときのサーバーの鍵は「%UserProfile%.sshknown_hosts」に保存されます。

鍵ペア作成~鍵認証での接続

公開鍵認証を利用する場合の鍵ペアは、ssh-keygenコマンドを使って生成します。

PS C:\> ssh-keygen

秘密鍵のパスフレーズは、必要に応じて設定します。

Generating public/private rsa key pair.Enter file in which to save the key (C:\Users\hoge\.ssh\id_rsa):

生成された鍵ペア(秘密鍵と公開鍵)は、デフォルトでユーザープロファイル内の「.ssh」フォルダーに保存され、秘密鍵ファイルはデフォルト以外の場所に保存すると、リモートサーバーへの接続時に使用できない場合があるのでご注意ください。

公開鍵ファイルは、リモートサーバーにコピーして、接続時に使用するユーザーの「~/.ssh/authorized_keys」に追記します。

これで、次のコマンドでリモートサーバーに鍵認証で接続できるようになります。

PS C:\> ssh -i "C:\Users\hoge\.ssh\id_rsa" -l tarou remote-server

あとがき

サードパーティのSSHクラアントソフトと比べると機能的にはシンプルですが、Windows10の標準機能として利用できるようになったのはうれしい限りです。

Windows10でtar/curlコマンドが使えるようになった。
ここでは、Windows10バージョン1803から標準コマンドとして搭載された「tar」と「curl」について紹介します。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ