Windows10:「仮想デスクトップ」でデスクトップを広く使う

Linuxにはワークスペースという仮想デスクトップ機能がありますが、それと同じようにWindowsでも10から「仮想デスクトップ」機能が搭載されています。

仮想デスクトップで作業領域を増やすことで、仕事用と息抜き用でデスクトップを切り替えたり、単純に作業領域を広げることができます。

ここでは、仮想デスクトップの利用方法について紹介します。

仮想デスクトップの作成

仮想デスクトップの作成方法は、2通りありますがショートカットキーでサクッと作成するほうが簡単です。

ショートカットキーで作成

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + D」で、仮想デスクトップを追加できます。

タスクビューから作成

タスクバーにある「タスクビュー」ボタンをクリック、もしくはショートカットキー(Windowsキー + Tab)で「タスクビュー」を表示します。

「タスクビュー」画面で、右下の「新しいデスクトップ」をクリックします。

新しいデスクトップが作成されました。

仮想デスクトップの切り替え

作成した仮想デスクトップ間を移動する方法にも2通りあります。

ショートカットキーで切り替え

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + →/←(左右カーソルキー)」で、仮想デスクトップを切り替えることができます。

タスクビューから切り替え

「タスクビュー」画面の中央下に、現在作成されているデスクトップが表示されているので、切り替えたいデスクトップをクリックします。

仮想デスクトップを閉じる

作成した仮想デスクトップを閉じるにも、2通りの方法があります。

ショートカットキーで閉じる

ショートカットキー「Windowsキー + Ctrl + F4キー」で、現在表示している仮想デスクトップを閉じることができます。

なお、閉じたデスクトップに表示されていたウィンドウは隣のデスクトップに自動的に移動します。

タスクビューで閉じる

「タスクビュー」画面の中央下に、現在作成されているデスクトップが表示されているので、閉じたいデスクトップを右クリックし、「☓」ボタンをクリックして閉じます。

おまけ

タスクビューでは、表示しているウィンドウを仮想デスクトップ間で移動させることもできます。

まとめ

用途ごとにデスクトップを分けて使ったり、ショートカットを活用して素早く仮想デスクトップを切り替えたりできるようになれば、もうデスクトップが狭いなんてこともなくなるでしょう。ぜひ活用してみてください。