Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

自宅などで利用するワークグループ環境のWindows10にサインインするユーザーアカウントには、Microsoftアカウントとローカルユーザーアカウントがあり、ローカルユーザーアカウントでは、アカウントの作成手順によってはデフォルトでパスワードに有効期間が設定されています。

この有効期間は、変更したり無期限に設定することができます。

そこでここでは、Windows10でローカルユーザーアカウントのパスワード有効期間を変更したり、無期限に設定する方法を紹介します。

また、パスワードの有効期限日を確認する方法も併せて紹介します。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法
Windows10では、ローカルユーザーアカウントを作成する方法として、3通りの方法が用意されています。 そこで、ここではどのようなと...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

パスワードを有効期間を無期限にする

Windows10のローカルユーザーアカウントでは、特定のアカウントやコンピューター上のすべてのローカルユーザーアカウントに対してパスワードの有効期間を無期限に設定することができます。

特定のローカルユーザーアカウントのパスワード有効期間を無期限に設定する手順は、次のとおりです。(コンピューター上のすべてのローカルユーザーアカウントのパスワード有効期間を無期限に設定する方法は、下記の「パスワードの有効期間を変更する」をご参照ください。)

マウス操作で設定する

マウス操作で設定するときは、「コンピューターの管理」の「ローカルユーザーとグループ」で、該当ユーザーのプロパティ画面にある「パスワードを無期限にする」にチェックを入れることで、パスワードの有効期間を無期限に設定できます。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

コマンドで設定する

コマンドで設定するときは、WindowsコマンドやPowerShellで設定することができます。

たとえば、ローカルユーザーアカウント「user01」のパスワードを無期限に設定する場合は、次のようにコマンドを実行します。

Windowsコマンドの場合:

> wmic UserAccount where Name='user01' set PasswordExpires=False

PowerShellの場合:

PS> Set-LocalUser -Name user01 -PasswordNeverExpires $true
Memo

なお、現在のWindows10では、Windowsの「設定」などからローカルユーザーアカウントを作成すると、デフォルトでパスワードの有効期間は無期限に設定されます。

パスワードの有効期間を変更する

ワークグループ環境のローカルユーザーアカウントのパスワード有効期間はデフォルトで「42日」に設定されていますが、「ローカルセキュリティポリシー」で変更することができます。

Memo

なお「ローカルセキュリティポリシー」での設定は、コンピューター上のすべてのローカルユーザーアカウントに適用されます。

手順は、次のとおりです。

スタートメニューのプログラム一覧などから「ローカルセキュリティポリシー」を起動します。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

「ローカルセキュリティポリシー」画面が開いたら、画面左側で「アカウントポリシー」>「パスワードのポリシー」を選択し、画面右側の項目から「パスワードの有効期間」をダブルクリックします。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

「パスワードの有効期間のプロパティ」画面が表示されるので「パスワードの有効期間」に日数を入力して「OK」をクリックします。

入力できる日数は0~999までで、0を設定するとパスワードの有効期間を無期限に設定できます。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

パスワードの有効期限を確認する

ローカルユーザーアカウントのパスワード有効期限は、WindowsコマンドやPowerShellコマンドレットで確認することができます。

たとえば、Windowsコマンドで「user02」のパスワード有効期限を確認したいときは、次のようにコマンドを実行します。

> net user user02

すると、ユーザーアカウントの情報が表示され「パスワードの有効期間」に期限日時が表示されています。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

PowerShellコマンドレットで「user02」のパスワード有効期限を確認したいときは、次のようにコマンドを実行します。

PS> Get-LocalUser -Name user02 | Format-List -Property *

すると、ユーザーアカウントの情報が表示され「PasswordExpires」に期限日時が表示されています。

Windows10でローカルアカウントのパスワード有効期間を変更する/無期限にする方法

あとがき

パスワードの有効期間を無期限に設定すると、管理上の手間は減りますが、セキュリティ的に心配なこともあるでしょう。

そのような時は、「PIN」などのWindows Hello認証も設定することで、セキュリティ的なリスクを軽減できるでしょう。

Windows10に安全かつ素早くサインインする方法
Windows環境でのサインイン方法としてパスワード認証を利用する場合、セキュリティ的にはパスワードには8文字以上でアルファベットの大文...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ