Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

Windows10で「設定」画面からローカルユーザーアカウントを作成する場合、アカウントのパスワードを忘れたときにパスワードをリセットするために「セキュリティの質問」を設定する必要があります。

ですが、利用環境によってはセキュリティの質問自体が不要なケースもあるでしょう。

そこでここでは、Windows10でローカルユーザーアカウント作成するときに「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1909

「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

ローカルユーザーアカウントを作成するときに「セキュリティの質問」の設定を不要にするには、レジストリで設定する方法と、グループポリシーで設定する方法があります。

レジストリで設定する

「セキュリティの質問」の設定をレジストリ設定で不要にする手順は、次のとおりです。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System /v NoLocalPasswordResetQuestions /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されればレジストリ設定は完了です。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

なお、設定を有効化するためには、マシンの再起動が必要となる場合があります。

再起動後に、ローカルユーザーアカウントを作成してみると「セキュリティの質問」の設定を要求されなくなっていることを確認できます。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

ちなみに、デフォルトのローカルユーザーアカウントの作成画面は以下のとおりです。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

なお、設定を戻したい場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\System /v NoLocalPasswordResetQuestions /t REG_DWORD /d 0 /f

グループポリシーで設定する

「セキュリティの質問」の設定をグループポリシー設定で不要にする手順は、次のとおりです。

スタートボタン横の検索ボックスに「gpedit.msc」と入力してエンターキーを押すなどして「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

「ローカルグループポリシーエディター」を起動したら、左ペインで「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「資格情報のユーザーインターフェイス」を順に選択します。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

右ペインの設定項目から「ローカルアカウントに関するセキュリティの質問の使用できないようにする」をダブルクリックします。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

設定画面が開いたら「有効」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10でローカルアカウント作成時に「セキュリティの質問」の設定を不要にする方法

以上で設定完了です。

設定後、ローカルユーザーアカウントを作成してみると、セキュリティの質問を要求されなくなっていることを確認できます。

なお、設定を戻したいときは、上の設定画面で「未構成」を選択します。

あとがき

「セキュリティの質問」設定を不要にすると、パスワードのリセットが必要になったときに困る場合があるのでご注意ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ