Windows10の標準アプリで再生できる音声ファイルや動画ファイルの種類

Windows10の標準アプリで再生できる音声ファイルや動画ファイルの種類

Windows10でメディアファイルを再生する場合、標準搭載アプリとしては「映画 & テレビ」「Grooveミュージック」「Windows Media Player 12」が利用できますが、それぞれのアプリで再生可能なメディアファイルの種類に違いがあります。

そこで、ここではWindows10でメディアファイルを再生できる「映画 & テレビ」「Grooveミュージック」「Windows Media Player 12」のそれぞれで再生可能なメディアファイルの種類を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

「映画 & テレビ」アプリ

Windows10の標準アプリで再生できる音声ファイルや動画ファイルの種類

「映画 & テレビ」アプリは、Windows10のデフォルトの動画再生アプリで、最新の映画をレンタルしたり購入したりできるだけでなく、デバイス上の動画ファイルも再生でき、再生可能な動画ファイルの種類は、次のとおりです。

再生可能な動画ファイルの種類
.m4v .mp4
.mov .asf
.avi .wmv
.m2ts .3g2
.3gp2 .3gpp

上に紹介している拡張子のファイルでも、動画や音声のコーデックによっては再生できない場合があります。

「Grooveミュージック」アプリ

Windows10の標準アプリで再生できる音声ファイルや動画ファイルの種類

「Grooveミュージック」アプリは、Windows10のデフォルトの音声再生用アプリで、再生可能な音声ファイルの種類は、次のとおりです。

再生可能な音声ファイルの種類
.mp3 .flac
.aac .m4a
.wav .wma
.ac3 .3gp
.3g2 .amr

「Windows Media Player 12」

Windows10の標準アプリで再生できる音声ファイルや動画ファイルの種類

「Windows Media Player 12」は、音声ファイルや動画ファイルの再生ができるメディアプレイヤーで、Windows10でも利用でき、再生可能なメディアファイルの種類は、次のとおりです。

再生可能な動画ファイルの種類
.wmv .asf
.avi .mpeg
.mov .mp4
.m4v .mp4v
.3g2 .3gp2
.3gp .3gpp
.m2ts .dvr-ms

上に紹介している拡張子のファイルでも、動画や音声のコーデックによっては再生できない場合があります。

再生可能な音声ファイルの種類
.wma .wav
.wm .mp3
.mpa .aif
.aifc .aiff
.cda .ivf
.m4a .aac
.adt .adts
.flac
Memo

Windows10では、環境によっては「Windows Media Player 12」がインストールされていない場合があり、その場合は「オプション機能の追加」からインストールできます。

あとがき

動画ファイルは、ファイルの拡張子が同じでも、動画部と音声部で使用されているコーデックにより、再生できる場合とできない場合があり、Windows10が対応しているコーデックについては、以下のMicrosoftの公式ページをご参照ください。

サポートされるオーディオとビデオの形式 (Windows ランタイム アプリ) - Windows app development | Microsoft Docs

Windows Media Player でサポートされているファイルの種類

なお、標準アプリで再生できない場合は、素直にサードパーティーのメディアプレイヤーを導入しましょう。おススメは「VLC media player」です。

Windows10でDVDやブルーレイも再生できる無料メディアプレイヤー(VLC media player)
Windows10で動画ファイル、DVD、ブルーレイディスクなどを再生する場合、標準搭載されている「Windows Media Play...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る