Windows10でパスワードなしでアクセスできる共有フォルダーを作成する方法

Windows10で共有フォルダーを作成した場合、通常は許可されたユーザーとパスワードを使ってアクセスすることになりますが、ときにはパスワードなしでだれでもアクセスできる共有フォルダーが必要になる場合があります。

そこで、ここではWindows10でパスワードなしでアクセスできる共有フォルダーを作成するときのポイントを紹介します。

なお、一般的な共有フォルダーの作成方法は、以下の記事で紹介していますので、参考にしていただけるとより理解しやすいと思います。

Windows10で共有フォルダーを作成する方法(ワークグループ環境)
Windowsでは、自分のPC内のフォルダーをネットワーク上の他のマシンと共有できる「共有フォルダー」という機能があります。 この機能...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

パスワードなしでアクセスできる共有フォルダーを作成する方法

パスワード保護共有の無効化

まず、タスクトレイに表示されているネットワークアイコンを右クリックして「ネットワークとインターネットの設定を開く」を選択します。

すると「設定」アプリの「ネットワークとインターネット」にある「状態」画面が開くので、ネットワーク設定の変更にある「共有オプション」をクリックします。

「共有の詳細設定」画面が開くので、すべてのネットワークにある「パスワード保護共有」から「パスワード保護共有を無効にする」を選択して「変更の保存」をクリックします。

共有フォルダーの作成

次に、共有したいフォルダーで共有ウィザードを開き「Everyone」を追加してアクセス許可レベルを設定し「共有」をクリックします。

以上で、パスワードなしでアクセスできる共有フォルダーを作成できます。

Memo

なお、何らかの事情でGuestアカウントにパスワードを設定していると、共有フォルダーにアクセスできないのでご注意ください。(デフォルトではパスワードなしです)

他のマシンからの接続確認

作成した共有フォルダーに他のマシンから接続すると、資格情報の入力画面が表示されることなく共有フォルダーにアクセスできます。

なお、まれに資格情報の入力画面が開く場合があるので、その場合は以下の情報を入力すればアクセスできるはずです。

  • ユーザー名:guest
  • パスワード:空白のまま

あとがき

パスワードなしでアクセスできる共有フォルダーは、便利な反面セキュリティ的にはリスクがあるため、常用するのは避けたほうが良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る