Windows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法

Windows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法

Windows10では、バージョン1803(April 2018 Update)以降から、Windows Updateのステータスを表すアイコンがタスクトレイに表示されるようになっています。

Windows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法

このアイコンをクリックすると、Windows Update画面を表示することができ、アイコンを右クリックすれば、更新プログラムをダウンロードしたり、再起動したり、アイコンを一時的に非表示にしたりできますが、Windows10の用途によっては、このステータスアイコンを一切表示させたくない場合もあるでしょう。

そこで、ここではWindows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

Windows Updateの通知アイコンを非表示にする

タスクトレイにWindows Updateの通知アイコンを表示させたくない場合は、管理者権限でコマンドプトンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings /v TrayIconVisibility /t REG_DWORD /d 0 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば完了です。

Windows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法

なお、設定を適用するには、マシンを再起動する必要があります。

Windows Updateの通知アイコンを表示にする

Windows Updateの通知アイコンを再び表示させたい場合は、管理者権限でコマンドプトンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings /v TrayIconVisibility /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば完了です。

Windows10でWindowsUpdateの通知アイコンを非表示にする方法

なお、設定を適用するには、マシンを再起動する必要があります。

あとがき

Windows Updateのステータスアイコンを、タスクトレイに一切表示させたくない場合にお役立てください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る