Windows Updateを初期化(リセット)する方法

Windows Updateを初期化(リセット)する方法

Windowsで更新プログラムを適用するための機能「Windows Update」は、まれに更新プログラムの確認が終わらなくなったり、更新プログラムが適用できなくなるなど、正常に動作しなくなることがあります。

そこでここではWindows 10を例に、Windows Updateを初期化(リセット)する方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit20H2

Windows Updateのログを確認する

Windows Updateを初期化(リセット)する前に、現在のWindows Updateの動作状況を確認したいときは、以下の手順でWindows Updateのログを確認することができます。

Memo

Windows 8.1以前はWindows Updateのログファイルは、「%windir%\WindowsUpdate.log」に保存されており、メモ帳などのテキストエディタで開いて確認できましたが、Windows 10以降では、Windows Updateのログ記録の仕様が変更され、OSの「イベントトレース」ログとして記録されるようになり、以下の手順でログを確認する必要があります。

PowerShellを起動し、次のコマンドレットを実行します。

> Get-WindowsUpdateLog

Get-WindowsUpdateLogコマンドレットは、現在システムに保存されているWindows Updateのログファイルを解析し、結果をテキストファイルとしてデスクトップに出力してくれます。

出力されたログファイルは、メモ帳などのテキストエディターで開けるので、文字列検索でエラーが発生いていないか調査したりといったことができます。

Windows Updateを初期化する

Windows 10でWindows Updateを初期化する手順は、次のとおりです。

関連サービスを停止する

まず、以下のサービスを順に停止します。

  1. Delivery Optimization
  2. Orchestrator Serviceの更新
  3. Background Intelligent Transfer Service
  4. Windows Update

サービスの停止は、スタートメニューのプログラム一覧から「Windows管理ツール」>「サービス」を起動して、該当のサービスのプロパティ画面から停止できます。

Windows Updateを初期化(リセット)する方法

「SoftwareDistribution」フォルダーを削除する

つぎに、以下のフォルダーを削除します。

  • %SystemRoot%\SoftwareDistribution

BITSジョブを削除する

つぎに、以下のフォルダー配下のファイルをすべて削除します。

  • %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader

関連サービスを開始する

最後に、停止したときと逆の順序でサービスを開始します。

  1. Windows Update
  2. Background Intelligent Transfer Service
  3. Orchestrator Serviceの更新
  4. Delivery Optimization

以上で、Windows Updateを初期化(リセット)できます。

あとは、更新プログラムをチェックして、正常に動作しているか確認します。

なお、本手順を実行すると、過去の更新履歴がすべて消えますが、Creators Updateなど大型アップデートを適用すると、同じように以前の履歴は削除されるので、特に気にしなくてもよいと思います。

あとがき

以前のWindowsに比べて、Windows 10でWindows Updateの動作がおかしくなる頻度はかなり減ったという印象ですが、それでもまれに正常に動作しなくなることもあります。

そのような時に、ここで紹介している方法が役立つと思います。