Windows10:Windows Updateをリセットする方法

Windows Updateで更新プログラムの確認が終わらなかったり、失敗したりするエラーが発生したときに、マシンの再起動でも治らない場合の回復方法として、Windows Updateをリセットする方法をご紹介します。

本手順を実行すると、過去の更新履歴は消えますが、Creators Updateなど大型アップデートを適用すると、同じように以前の履歴は削除されるので、特に気にしなくてもよいと思います。

手順

Windows Update関連サービスの停止

以下のサービスをすべて停止します。(すでに停止している場合は無視してください)

  • Update Orchestrator Service
  • Delivery Optimization
  • Windows Update
  • Background Intelligent Transfer Service(BITS)

“SoftwareDistribution”フォルダーの削除

以下のフォルダーを削除します。

  • %SystemRoot%\SoftwareDistribution

BITSジョブタスクの削除

以下の2つのファイルを削除します。

  • %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat
  • %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat

Windows Update関連サービスの開始

以下のサービスをすべて開始します。

  • Update Orchestrator Service
  • Delivery Optimization
  • Windows Update
  • Background Intelligent Transfer Service(BITS)

まとめ

過去にリセットツールなどいろいろ試しましたが、Windows Updateの動作がおかしくなったときは、この方法が一番有効かと個人的には思います。

スポンサーリンク