Windows10で更新プログラムをコマンドでインストールする方法

Windows10で更新プログラムをコマンドでインストールする方法

Windows環境で更新プログラムをインストールする場合、WindowsUpdateからインストールするのが一般的ですが、まれに個別の更新プログラムを手動でインストールしなければならないときがあります。

そのようなとき、適用する更新プログラムが少なければ、更新プログラムを一つずつダブルクリックしてインストールすればよいですが、たくさんの更新プログラムを手動でインストールしなければならないときは、コマンドでインストールすることで、作業効率を上げることができます。

ただし、コマンドでインストールする場合は、単純にインストーラーを実行するのではなく、更新プログラムファイルの拡張子に応じた適切な方法でインストールする必要があります。

そこでここでは、Windows10で更新プログラムをコマンドでインストールする方法を紹介します。

msu形式

拡張子が「msu」の更新プログラムは「Windows Updateスタンドアロンインストーラー」と呼ばれ、コマンドでインストールするときは、以下のように実行します。

> wusa <更新プログラム> /quiet /norestart

「/quiet」は、ユーザーによる操作を必要なくインストールするためのオプションで「/norestart」は、更新プログラムのインストール後、再起動されないようにするためのオプションです。

複数のmsu形式の更新プログラムを一括インストールしたい場合は、次のようにコマンドを実行します。

> forfiles /p . /m *.msu /c "cmd /c wusa @path /quiet /norestart"

上のコマンドでは、カレントディレクトリにある拡張子が「msu」の更新プログラムをすべてインストールします。

exe形式

拡張子が「exe」の更新プログラムは、一般的な実行ファイルで、コマンドでインストールするときは、以下のように実行します。

> <更新プログラム> /quiet /norestart

「/quiet」は、ユーザーによる操作を必要なくインストールのためのオプションで「/norestart」は、更新プログラムのインストール後、再起動されないようにするためのオプションです。

複数のexe形式の更新プログラムを一括インストールしたい場合は、次のようにコマンドを実行します。

> forfiles /p . /m *.exe /c "cmd /c @path /quiet /norestart"

上のコマンドでは、カレントディレクトリにある拡張子が「exe」の更新プログラムをすべてインストールします。

cab形式

拡張子が「cab」の更新プログラムは、Windowsでソフトウェアのデータ配布などに利用されているcab形式で圧縮された更新プログラムで、コマンドでインストールするときは、以下のように実行します。

> dism /online /add-package=<更新プログラム> /norestart

「/norestart」は、更新プログラムのインストール後、再起動されないようにするためのオプションです。

複数のcab形式の更新プログラムを一括インストールしたい場合は、次のようにコマンドを実行します。

> forfiles /p . /m *.cab /c "cmd /c dism /online /add-package=@path /norestart"

上のコマンドでは、カレントディレクトリにある拡張子が「cab」の更新プログラムをすべてインストールします。

あとがき

いかようなバッチファイルを用意しておけば、たくさんの更新プログラムを手動でインストールするときも、効率よくインストールできるでしょう。

@echo off

forfiles /p . /m *.msu /c "cmd /c wusa @path /quiet /norestart"

forfiles /p . /m *.exe /c "cmd /c @path /quiet /norestart"

forfiles /p . /m *.cab /c "cmd /c dism /online /add-package=@path /norestart"

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。