WSUS(Windows Server Update Services)のバージョンを確認する方法

WSUS(Windows Server Update Services)のバージョンを確認する方法

WSUS(Windows Server Updat Services)には、WSUS 3.0 SP2、Windows Server 2012 /2012 R2/2016 WSUSがあり、バージョン番号は以下の表のとおりそれぞれ異なります。

製品名 バージョン表記
WSUS 3.0 SP2 3.2.7600.XXX
Windows Server 2012 WSUS 6.2.9200.XXXXX
Windows Server 2012 R2 WSUS 6.3.9600.XXXXX
Windows Server 2016 WSUS 10.0.14393.XXXX

バージョン表記の末尾にある「XXX」などは、更新プログラムの適用状況により異なります。

ここでは、簡単ではありますがWSUSのバージョンを確認する方法を紹介します。

バージョンの確認方法

WSUSのバージョンは、WSUS管理コンソールの以下の箇所で確認できます。

WSUS(Windows Server Update Services)のバージョンを確認する方法

上記以外にも、メニュー バーの [ヘルプ] - [Update Servicesのバージョン情報] から確認できますが、そこに表示されているバージョンは更新プログラムを適用しても、古いバージョンのままの場合があるようです。

あとがき

Windows10が出てきてからというもの、WSUSは面倒が多いですがまだまだ現役です。

参考

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2016/02/16/wsus-18/

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る