WSUS(Windows Server Update Services)のバージョンを確認する方法

WSUS(Windows Server Updat Services)には、WSUS 3.0 SP2、Windows Server 2012 /2012 R2/2016 WSUSがあり、バージョン番号は以下の表のとおりそれぞれ異なります。

製品名 バージョン表記
WSUS 3.0 SP2 3.2.7600.XXX
Windows Server 2012 WSUS 6.2.9200.XXXXX
Windows Server 2012 R2 WSUS 6.3.9600.XXXXX
Windows Server 2016 WSUS 10.0.14393.XXXX

バージョン表記の末尾にある「XXX」などは、更新プログラムの適用状況により異なります。

ここでは、簡単ではありますがWSUSのバージョンを確認する方法を紹介します。

バージョンの確認方法

WSUSのバージョンは、WSUS管理コンソールの以下の箇所で確認できます。

上記以外にも、メニュー バーの [ヘルプ] - [Update Servicesのバージョン情報] から確認できますが、そこに表示されているバージョンは更新プログラムを適用しても、古いバージョンのままの場合があるようです。

まとめ

Windows10が出てきてからというもの、WSUSは面倒が多いですがまだまだ現役です。

参考

https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2016/02/16/wsus-18/

スポンサーリンク