Windows10:特定の更新プログラムをWindows Updateでインストールさせないようにする

Windows10では、それ以前のバージョンのWindowsにあった更新プログラムのインストール⽅法をユーザーが選択するオプションがなくなりました。これにより、最新の更新プログラムやデバイスドライバーがWindows Updateで⾃動インストールされます。

ここで問題になるのが、インストールした更新プログラムやデバイスドライバーが原因で、マシンに不具合が起きた場合です。この場合、問題の更新プログラムやデバイスドライバーを⼿動でアンインストールすることはできますが、Windows10ではWindows Updateにより再度自動でインストールされてしまいます。

また、Windows10では、それ以前のバージョンのWindowsにあった問題のある更新プログラムを⼀時的にインストールされないようにWindows Updateの設定で⾮表⽰にすることもできません。

この問題に対して、マイクロソフトからWindows10向けに「Show or hide updates」というトラブルシューティングツールが提供されています。

このツールを実行することで、不具合の原因となっている更新プログラムやデバイスドライバーをWindows Updateで⾮表⽰にし、⾃動でインストールされないようにすることができます。

「Show or hide updates」の実行⼿順

  1. 不具合の原因となっている更新プログラムやデバイスドライバーをマシンからアンインストールします。

    更新プログラムは、「Windowsの設定」ー「更新とセキュリティ」-「Windows Update」画面で「更新プログラムのインストール履歴」をクリックし「更新プログラムをアンインストールする」をクリックします。表示された画面で、該当の更新プログラムを選んでアンインストールします。

    デバイスドライバーは、スタートメニューを右クリックし「デバイス マネージャー」をクリックし、表示された画面で該当するドライバーを探し、右クリックでアンインストールします。

  2. 以下のサイトから「Show or hide updates」トラブルシューティングツールをダウンロードして、実行します。

    http://download.microsoft.com/download/f/2/2/f22d5fdb-59cd-4275-8c95-1be17bf70b21/wushowhide.diagcab
  3. 「Show or hide updates」トラブルシューティングツールが起動したら、「次へ」をクリックします。

  4. 「問題を検出しています」画⾯が表⽰された後、更新プログラムを⾮表⽰にするか(Hide updates)再度表⽰させるか(Show hidden updates)を選択画⾯が表示されるので、いずれかをクリックします。

    すでに⾮表⽰にしている更新プログラムを再度表示させ⾃動インストールできるようにする際は、「Show hidden updates」をクリックし、⾮表⽰にしている更新プログラムのリストから、表示させる更新プログラムにチェックを⼊れます。
  5. マシンがスキャンされ、更新プログラムのリストが表⽰されるので、⾮表⽰にしたい更新プログラムにチェックを⼊れて「次へ」をクリックします。

  6. 「問題を解決しています」画⾯が表⽰され、完了画⾯が表示されたら「閉じる」をクリックし終了します。

まとめ

このツールを使って更新プログラムを⾮表⽰にしたままにしていると、不具合が解決された同じ番号の更新プログラムがインストールされず、Windowsの脆弱性が修正されないままとなる場合があります。ご利用になるときは、一時的な対処法として利用するのがよさそうです。

スポンサーリンク