Google Chrome:複数アカウントを簡単に切り替えるには

複数のGoogleアカウントを持ち、利用目的に応じて使い分けている方も多いと思います。

しかし、Google Chromeなどのブラウザ内からは異なるアカウントを同時に使用することはできず、都度アカウントを切り替える必要があり少々面倒です。

そこで便利なのがPC版Google Chromeの「マルチアカウント機能」です。

この機能を使って複数のアカウントを登録しておけば、アカウントごとに別のウィンドウを開くことで、複数のアカウントを同時に利用することができます。

ここでは、Google Chromeの「マルチアカウント機能」を使って、アカウントの追加とアカウントごとに別のウィンドウを開く方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
OS Windows10 Professional 64bit バージョン1809
ブラウザ Google Chrome バージョン70.0.3538.102

設定方法

ユーザーの追加

Google Chromeのウィンドウ右上にあるアカウントアイコンをクリックし、メニューから「ユーザーを管理」をクリックします。

新しく開いたウインドウの右下にある「ユーザーを追加」をクリックします。

ユーザー名やアイコンを選ぶ画面が表示されます。ユーザー名やアイコンはGoogleアカウントでログインすると、アカウントに設定しているものが表示されるので、ここでは既定値のままで問題ありません。

なお「このユーザーのデスクトップショートカットを作成」のチェックはオンにしておきます。(詳細は後述します)

新しいウィンドウが開くので「同期を有効にする」をクリックします。

アカウントのログイン画面が開くので、アカウント情報を入力してログインします。

ログインが完了すると、同期を有効にするかどうかを聞かれるので、同期を有効にする場合は「オンにする」をクリックし、同期項目をカスタマイズしたい場合は「設定」をクリックします。

以上でアカウントの追加は完了です。

登録したアカウントは、先の「ユーザーを管理」から開く画面で確認でき、アカウントの削除もこの画面からできます。

ショートカットアイコンから特定アカウントで起動する方法

ユーザー追加時に「このユーザーのデスクトップショートカットを作成」のチェックをオンにして、デスクトップに特定のアカウント用のショートカットを作っておけば、そのショートカットから特定のアカウントでログインした状態でGoogle Chromeを起動できます。

作成されるショートカットアイコンの名前は、デフォルトでは「ユーザー名 - Chrome」ですが、好みの名前に変更可能です。

特定アカウント用のショートカットを作っておき、そこからアカウントごとのウィンドウを起動するようにすれば、うっかり違うアカウントを使ってしまうミスを減らせると思います。

おまけ

デフォルトアカウントの切替

Google Chromeを起動したときのデフォルトのアカウントを切り替えるには、Google Chromeを起動し、ウィンドウ右上にあるアカウントアイコンをクリックし、登録されているアカウントから選択します。

まとめ

ブラウザ内でGoogleアカウントを都度切り替えるのと、特定アカウント用のショートカットを作っておき、そこからアカウントごとのウィンドウを起動するのと、どちらが便利かは人それぞれかと思いますが、個人的にはここで紹介した後者の方が、うっかりミスも少なくおすすめです。