PC版Google Chromeで閲覧中のWebページを他のデバイスですぐ見る方法

PC版Google Chromeで、閲覧しているWebページをスマホなどの他のデバイスで閲覧したくなったとき、どのような方法で実現することができるようでしょうか。

パッと思いつくのは、スマホでURLを直接入力する、閲覧しているURLをメールなどで送信できる拡張機能を利用する、メモアプリなどで共有する、いったんブックマークに登録する、などの方法ですが、どうやらバージョン76あたりから標準機能でURLを送信できるようになったようです。

ここでは、PC版Google Chromeで、閲覧しているWebページのURLを他のデバイスのChromeに送信する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Google Chrome 76.0.3809.100

閲覧しているWebページを送信する方法

PC版Google Chromeで、閲覧しているWebページのURLを他のデバイスに送信するには、送信先のデバイスにもGoogle Chromeがインストールされおり、送信元と同じGoogleアカウントにサインインしている必要があります。

実際にWebページを送信する手順は、次のとおりです。

まず、PC上のChromeで、送信したいWebページを表示しているタブや、送信したいリンクを右クリックします。

タブを右クリックした場合はメニューから「お使いのデバイスに送信」を、リンクを右クリックした場合はメニューから「リンクをデバイスに送信」をクリックし、送信先デバイスを選択します。

送信先デバイスが1台しかない場合は「Nexus 5Xに送信」などとデバイス名が直接表示されます。

タブを右クリックした場合

リンクを右クリックした場合

しばらくすると、送信先のデバイスに通知が表示され、その通知をクリック(スマホなどの場合はタップ)するとChromeでWebページが表示されます。

PCに送信した場合の通知

スマホに送信した場合の通知

あとがき

わざわざアプリや拡張機能を経由しなくても、カンタンにURLを送信できるようになったのはうれしい点ではないでしょうか。

活用できそうです。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る