Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

Chromeブラウザで閲覧しているWebページを他のデバイスで閲覧したくなったとき、パッと思いつくのは、WebページのURLを直接入力する、URLをメールなど送る、メッセージアプリなどで共有するといった方法ですが、同じGoogleアカウントにログインしているChromeブラウザ同士なら、異なるデバイス間でURLを簡単に送信することができます。

ここでは、デスクトップ版Chromeブラウザを例に、閲覧しているWebページのURLを他のデバイスのChromeブラウザに送信する方法を紹介します。

Chromeブラウザで閲覧中のWebページをスマホで開く方法
PCで閲覧中のWebページをスマホで開きたい場合、双方でChromeブラウザを使っていて、同じGoogleアカウントにログインして同期し...

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1903
Google Chrome76.0.3809.100

閲覧しているWebページを送信する方法

Chromeブラウザで閲覧しているWebページのURLを他のデバイスに送信するには、送信先のデバイスにもChromeブラウザがインストールされおり、送信元と同じGoogleアカウントにログインしている必要があります。

Webページを送信する手順は、次のとおりです。

まず、送信元のChromeブラウザで、送信したいWebページを表示しているタブや、送信したいリンクを右クリックします。

タブを右クリックした場合はメニューから「お使いのデバイスに送信」を、リンクを右クリックした場合はメニューから「リンクをデバイスに送信」をクリックし、送信先デバイスを選択します。

送信先デバイスが1台しかない場合は「Nexus 5Xに送信」などとデバイス名が直接表示されます。

Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

タブを右クリックした場合

Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

リンクを右クリックした場合

しばらくすると、送信先のデバイスに通知が表示され、その通知をクリック(スマホなどの場合はタップ)すると、送信先のChromeブラウザでWebページを開くことができます。

Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

PCに送信した場合の通知

Chromeブラウザで閲覧中のWebページを他のデバイスに送信する方法

スマホに送信した場合の通知

あとがき

わざわざアプリや拡張機能を経由しなくても、標準機能でカンタンにURLを送信できるようになったのはうれしい点ではないでしょうか。

活用できそうです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る