Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法には、大きく次の3通りの方法があります。

  • Windowsの「設定」アプリから作成する
  • 「コンピューターの管理」から作成する
  • WindowsコマンドやPowerShellコマンドレットで作成する

そこでここでは、上に挙げたそれぞれの方法でローカルユーザーアカウントを作成する手順や、どのようなときにどの方法がおススメかを解説します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1909

Windowsの「設定」アプリから作成する

Windowsの「設定」アプリからローカルユーザーアカウントを作成するには、管理者アカウントでWindows10にサインインしてから、Windowsの「設定」から「アカウント」を選択します。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「アカウント」画面が開いたら、左側のメニューから「家族とその他のユーザー」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「家族とその他のユーザー」画面が開いたら「他のユーザー」にある「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

以下のように、別ウィンドウが開くので「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「アカウントの作成」画面が表示されるので「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「このPC用のアカウントの作成」画面が表示されるので「ユーザー名」「パスワード」「セキュリティの質問」をそれぞれ設定して「次へ」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

これで、ユーザーが作成されました。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

なお、デフォルトでは標準ユーザーとして作成されるので、管理者ユーザーにしたい場合は、作成されたアカウントをクリックして「アカウントの種類の変更」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

すると「アカウントの種類の変更」画面が表示されるので「アカウントの種類」から「管理者」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

これで、作成したユーザーが管理者になります。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

なお、設定アプリからユーザーを作成した場合、パスワードの有効期限は「無期限」となります。

「コンピューターの管理」から作成する

「コンピューターの管理」からローカルユーザーアカウントを作成するには、管理者アカウントでWindows10にサインインしてから、スタートメニューのプログラム一覧などから「コンピューターの管理」を起動します。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「コンピューターの管理」画面が開いたら、左ペインで「ローカルユーザーとグループ」を展開して「ユーザー」を右クリックして、メニューから「新しいユーザー」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「新しいユーザー」の作成画面が表示されるので、最低限「ユーザー名」「パスワード」を設定して「作成」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「新しいユーザー」画面下部のチェックボックスは、必要に応じてオン/オフを切り替えましょう。ユーザー作成後に変更することも可能です。

Memo

デフォルトで「ユーザーは次回ログオン時にパスワードの変更が必要」にチェックが入っていますが、自分が管理するユーザーアカウントなら、チェックは外しておきましょう。

また「パスワードを無期限にする」にチェックを入れない場合、パスワードの有効期限は、デフォルトで42日となります。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

ユーザーを作成し終えたら「閉じる」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

追加されたユーザーは、一覧に追加されているはずです。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

管理者ユーザーにする

作成したユーザーはデフォルトで標準ユーザーのため、管理者ユーザーにしたい場合は、以下の手順を追加で行います。

追加したユーザーを右クリックして、メニューから「プロパティ」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「プロパティ」画面が開いたら「所属するグループ」タブを選択し、下部の「追加」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「グループの選択」画面が表示されるので「選択するオブジェクト名を入力してください」欄に「Administrators」と入力して「名前の確認」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

入力した内容がオブジェクト名に変換されていることを確認し「OK」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

「所属するグループ」欄に「Administrators」が追加されていることを確認し「OK」をクリックします。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

Windowsコマンドで作成する

Windowsコマンドでローカルユーザーアカウントを作成するには、管理者権限で「コマンドプロンプト」を起動し、以下のコマンドを実行します。

> net user user99 P@ssw0rd /add

上のコマンドでは「user99」というローカルユーザーアカウントを「P@ssw0rd」というパスワードで作成しています。

「コマンドは正常に終了しました。」と表示されればOKです。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

その他の指定可能なオプションについては、コマンドのヘルプを確認してみてください。

> net help user

パスワードの有効期限を無期限にする

パスワードの有効期限を無期限にするには、net userコマンドからは設定できないので、以下のようにwmicコマンドで設定します。

>> wmic useraccount where "Name='user99'" set PasswordExpires=FALSE

「プロパティは正しく更新されました。」と表示されればOKです。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

管理者ユーザーにする

Windowsコマンドで作成したローカルユーザーアカウントは、デフォルトで標準ユーザーのため、管理者ユーザーにするには、以下のコマンドを追加で実行します。

> net localgroup administrators user99 /add

「コマンドは正常に終了しました。」と表示されればOKです。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

PowerShellで作成する

PowerShellコマンドレットでローカルユーザーアカウントを作成するには、管理者権限で「Windows PowerShell」を起動し、以下のコマンドを実行します。

PS C:\> $Password = Read-Host -AsSecureString
PS C:\> New-LocalUser "user99" -Password $Password -PasswordNeverExpires

上のコマンドでは、まずパスワードをセキュア文字列として変数に格納して、次のNew-LocalUserコマンドレットでは、オプションでパスワードの設定とパスワードの無期限設定を行っています。

コマンド実行後、作成されたユーザーの内容が表示されていればOKです。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する3つの方法

ちなみに「New-LocalUser」コマンドレットには、上で紹介した以外にもさまざまなオプションが用意されています。(コンピューターの管理からユーザーアカウントを作成するときに設定可能な項目をオプションで指定できます)

詳しくは、コマンドのヘルプを確認するか、以下のオンラインヘルプをご確認ください。

New-LocalUser | Microsoft Docs

管理者ユーザーにする

PowerShellコマンドレットで作成したローカルユーザーアカウントは、デフォルトで標準ユーザーのため、管理者ユーザーにしたい場合は、以下のコマンドを追加で実行します。

PS C:\> Add-LocalGroupMember -Group "Administrators" -Member "user99"

あとがき

個人的には、ローカルユーザーアカウントをサクッと作成したいときは「設定」アプリから、パスワードに有効期限を設けたい場合や、初回サインイン時にパスワードを変更させたいときは「コンピューターの管理」から、複数のアカウントを一括作成したい場合は、コマンドでの作成がおススメです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ