Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

Windows10では、ローカルユーザーアカウントに「セキュリティの質問」を設定しておくことで、万が一アカウントのパスワードを忘れたときなどに、セキュリティの質問に答えてパスワードをリセットできるようになっています。

通常は、ローカルユーザーアカウントの作成時にセキュリティの質問を設定しますが、コマンドなどでアカウントを作成した場合は、セキュリティの質問が設定されないため、後からセキュリティの質問を設定したいケースや、設定済みのセキュリティの質問を変更したいといったケースがあります。

そこでここでは、Windows10でローカルユーザーアカウントのセキュリティの質問を設定/変更する方法を紹介します。

Windows10で「セキュリティの質問」に答えてパスワードをリセットする方法
ここでは、Windows10でローカルユーザーアカウントに設定した「セキュリティの質問」を使って、パスワードをリセット(初期化)する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit1909

セキュリティの質問を設定/変更する方法

ローカルユーザーアカウントの「セキュリティの質問」を設定/変更する手順は、次のとおりです。

まず、セキュリティの質問を設定/変更したいユーザーアカウントでサインインします。

「設定」アプリを開き「アカウント」をクリックします。

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

「アカウント」画面の左側メニューから「サインインオプション」をクリックします。

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

「サインインオプション」画面で「デバイスへのサインイン方法の管理」から「パスワード」をクリックして「セキュリティの質問を更新する」をクリックします。

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

新しい画面が開き、ユーザーアカウントのパスワードの入力を求められるので、パスワードを入力し「OK」をクリックします。

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

これで、ユーザーアカウントに新しいセキュリティの質問を設定できます。

なお、セキュリティの質問では、以下から3つの質問を選択して、それぞれの回答を入力します。

  • 最初のペットの名前は?
  • 生まれた場所の名前は?
  • 子供のころのニックネームは?
  • 両親が出会った町の名前は?
  • いちばん年上のいとこの名前は?
  • 初めて通った学校の名前は?

セキュリティの質問を設定したら、最後に「完了」をクリックします。

Windows10でローカルアカウントにセキュリティの質問を設定/変更する方法

以上で、ローカルユーザーアカウントに「セキュリティの質問」を設定/変更できます。

あとがき

ユーザーアカウントのセキュリティの質問は、設定しておけばパスワードをリセットしたいときに役立ちますので、設定しておくことをおススメします。

また、めったに利用することがないため、何を設定したか忘れてしまうこともあるので、定期的に変更するのもアリですね。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。