Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

Windowsには「ごみ箱」機能が搭載されており、フォルダーやファイルなどを「Delete」キーなどで削除すると、削除されたフォルダーやファイルはごみ箱に移動されます。

ごみ箱は、いったん削除したフォルダーやファイルを元に戻したいときに便利な機能ですが、ごみ箱に移動されたフォルダーやファイルは、ごみ箱に設定されている最大サイズを超えない限り、消去されずにずっと保存されたままのため、日常生活のごみ捨てと同じように定期的にごみ箱を空にすることも重要です。

定期的にごみ箱を空にする方法としては、自分でデスクトップのごみ箱アイコンを右クリックして、メニューから「ごみ箱を空にする」を選択する以外に、自動的にごみ箱を空にする方法として「ストレージセンサーを使った方法」や「Clear-RecycleBinコマンドをタスク実行する」方法があります。

そこでここでは、Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法を紹介します。

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法
Windows10では、フォルダーやファイルを削除すると、通常は「ごみ箱」に移動され、ごみ箱がいっぱいになると、古いデータから消去される...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

ストレージセンサーを使った方法

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法のひとつは「ストレージセンサー」を使った方法です。

ストレージセンサーは、不要になったファイルなどを自動的に削除して、ドライブの空き容量を確保する機能として、Windows10に標準搭載されており、ごみ箱内のデータを指定したタイミングで自動的に削除することができます。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

ストレージセンサーの設定方法については、以下の記事をご覧ください。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ストレージセンサー)
Windowsマシンを長く使っていると、だんだんと不要なデータが蓄積して空き容量が少なくなってきます。 そこで、定期的に不要なデータを...

タスクスケジューラーを使った方法

もう一つの方法は、PowerShellのClear-RecycleBinコマンドレットをタスク実行する方法で、手順は次のとおりです。

まず、スタートメニューのプログラム一覧などから「タスクスケジューラ」を起動します。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

タスクスケジューラを起動したら、画面右側のメニューから「基本タスクの作成」をクリックします。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

「基本タスクの作成」画面が表示されたら、まずタスクの名前を指定し「次へ」をクリックします。

タスクの名前は自分が管理しやすい任意の名前でOKです。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

次の「タスクトリガー」画面では、実行タイミングを選択して「次へ」をクリックします。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

たとえば「毎月」を選択した場合は、どの月のどの日(どの曜日)に実行するかを選択できます。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

次の「操作」画面では「プログラムの開始」を選択し「次へ」をクリックします。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

次の「プログラムの開始」画面では、実行するプログラムを以下のように指定し「次へ」をクリックします。

  • プログラム/スクリプト:cmd
  • 引数のオプション:/c "PowerShell.exe -NoProfile -Command Clear-RecycleBin -Force"

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

最後の「要約」画面で、タスクの設定内容を確認し「完了]をクリックします。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

以上で、タスクの作成完了です。

作成したタスクは、タスクスケジューラライブラリの一覧に追加されており、一覧では現在の状態や、トリガー、次回の実行日時、前回の実行結果などを確認できます。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

他のユーザーのごみ箱も削除したいときは

上で作成したタスクは、タスクを作成したユーザーがサインインしているときに実行され、サインインしているユーザーのごみ箱のみを空にしていますが、他のユーザーがサインインしたときも、そのユーザーのごみ箱を空にしたいときは、作成したタスクの設定を以下の手順で変更します。

作成したタスクをダブルクリックして、タスクのプロパティ画面を開き「全般」タブの「タスクの実行時に使うユーザーアカウント」を「Users」に変更します。

Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法

これで、任意のユーザーがサインインしたときに、そのユーザーのごみ箱を空にすることができます。

あとがき

自分しか使うことがないパソコンならストレージセンサーでの設定を、複数のユーザーが利用するパソコンに設定するなら、タスクスケジューラを使った設定がおススメです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ