Windows10で誤って削除した「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法

Windows10に標準搭載されている仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」は、さまざまなファイルをカンタンにPDF化できる便利機能ですが、この機能は削除もカンタンにできてしまいます。

そこで、ここでは削除してしまった「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法を紹介します。

なお、標準搭載されているプリンター「Fax」「Microsoft XPS Document Writer」も同様の手順で復活させることができるので、参考にしてみてください。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

「Microsoft Print to PDF」を復活させる方法

まず、スタートメニューのプログラム一覧などから「コントロールパネル」を起動し「プログラム」をクリックします。

「プログラム」画面が表示されたら「プログラムと機能」から「Windowsの機能の有効化と無効化」をクリックします。

「Windowsの機能」画面が表示されたら、一覧から「Microsoft PDF 印刷」のチェックを外して「OK」をクリックして、いったん無効化します。

Memo

「Fax」の場合は「Windowsの機能」で「印刷とドキュメントサービス」にある「Windows Fax とスキャン」のチェックをオフにし、「Microsoft XPS Document Writer」の場合は「Microsoft XPS ドキュメント ライター」のチェックをオフにします。

「必要な更新が完了しました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。

再度「Windowsの機能」画面を表示させて、一覧から「Microsoft PDF 印刷」にチェックを入れて「OK」をクリックし、有効化します。

Memo

「Fax」の場合は「Windowsの機能」で「印刷とドキュメントサービス」にある「Windows Fax とスキャン」のチェックをオンにし、「Microsoft XPS Document Writer」の場合は「Microsoft XPS ドキュメント ライター」のチェックをオンにします。

「必要な更新が完了しました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。

以上で「Microsoft Print to PDF」が復活します。

あとがき

操作手順はそれほど難しくないので、誤って削除してしまった時などにお役立てください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る