Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

Windowsでは、ウィンドウ内に情報が入りきらないとき、ウィドウの右側にスクロールバーが表示されますが、解像度が高いディスプレイなどを使っているとスクロールバーが細くて操作しづらいと感じることがあります。

そこでここでは、Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法を紹介します。

Windows10のエクスプローラーを使いやすくカスタマイズする方法
Windows環境でファイル操作を行うときの定番ツールと言えば「エクスプローラー」ですが、エクスプローラーのデフォルト設定は必ずしも使い...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

スクロールバーの幅を変更する

Windows10でウィンドウ右端に表示されるスクロールバーの幅を変更するには、レジストリによる設定が必要になります。

手順は、次のとおりです。

スタートボタン右の検索ボックスに「コマンド」と入力して、検索候補から「コマンドプロンプト」をクリックして起動します。

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

コマンドプロンプトを起動したら、以下のコマンドを実行します。

コマンドの「/d」オプションのマイナス値でスクロールバーの幅を指定し、値を大きくすると幅が細くなり、値を小さくすると幅が広くなります。

C:\> reg add "HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics" /v ScrollWidth /t REG_SZ /d -400 /f

コマンドを実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていることを確認したら、Windowsを再起動することで設定が適用されます。

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

以下に、いくつかの表示例を掲載しているので、自分の環境に最適な値を探す際の参考にしてください。

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

ScrollWidth:-255(既定値)

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

ScrollWidth:-400

Windows10でウィンドウのスクロールバーの幅(太さ)を変更する方法

ScrollWidth:-100

あとがき

ちょっとしたカスタマイズですが、スクロールバーが細くて操作がしづらいなぁと感じているなら、お試しください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。