一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

Windows環境でリモート接続ツールとして一般的な「リモートデスクトップ接続」では、デフォルトでは、接続先Windowsマシンの管理者ユーザーの資格情報が必要で、一般ユーザーの資格情報でサインインしようとすると、以下のように表示され、リモートデスクトップ接続することができません。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

ですが、環境によっては一般ユーザーの資格情報で接続したいこともあるでしょう。

そこで、ここではワークグループ環境のWindows10Proに、一般ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

一般ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する

ワークグループ環境のWindows10Proに、一般ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する場合は、接続先のWindows10Pro上で、リモートデスクトップ接続で利用する一般ユーザーを「Remote Desktop Users」というグループに所属させておく必要があります。

手順は、次のとおりです。

まず、接続先のWindows10Proに管理者ユーザーでサインインし、スタートメニューを右クリックすると表示されるメニューから「コンピューターの管理」を選択します。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

「コンピューターの管理」画面が開くので、画面左側から「ローカルユーザーとグループ」を展開して「グループ」を選択します。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

画面中央にグループの一覧が表示されるので「Remote Desktop User」をダブルクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

「Remote Desktop Userのプロパティ」画面が開くので「追加」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

「ユーザーの選択」画面が開くので「詳細設定」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

検索画面が表示されるので「検索」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

検索結果にユーザーの一覧が表示されるので、リモートデスクトップ接続で利用するユーザーを選択して「OK」をクリックします。

ここでは「userB」というユーザーを選択して「OK」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

「ユーザーの選択」画面に戻るので「選択するオブジェクト名を入力してください」欄に、追加したユーザーが表示されていることを確認して「OK」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

「Remote Desktop Userのプロパティ」画面に戻るので「所属するメンバー」に追加したユーザーが表示されていることを確認して「OK」をクリックします。

一般(標準)ユーザーの資格情報でリモートデスクトップ接続する方法

以上で設定完了です。

これで、接続先のWindows10Proの「Remote Desktop User」グループに追加した一般ユーザーの資格情報を使ってリモートデスクトップ接続できるようになります。

あとがき

企業だけでなく、個人でもWindows環境のセキュリティ強化のため、管理者ユーザーと一般ユーザーを使い分けているという方も多いともいますが、昨今のリモートワークの増加により、一般ユーザーでリモートデスクトップ接続したことも増えているのではないでしょうか。

そのような時にお役立てください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ