Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

Windowsマシンにリモート接続する方法としては、リモートデスクトップが一般的ですが、機能を有効化したのになぜか接続できない場合があります。

そこで、ここではWindows10マシンにリモートデスクトップ接続できない場合に、Windows10マシンでチェックすべき項目について解説します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

リモートデスクトップが有効になっているか

基本的なことですが、Windows10のデフォルト設定では、リモートデスクトップは無効化されています。

リモートデスクトップを有効化するには、Windowsの「設定」から「システム」をクリックします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

左メニューから「リモートデスクトップ」を選択し「リモートデスクトップを有効にする」のスライダーをオンに設定します。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

確認画面が表示されるので「確認」をクリックします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

以上で、リモートデスクトップが有効になります。

なお、既定では管理者ユーザーのみがリモートデスクトップ接続でき、標準ユーザーでリモートデスクトップ接続したい場合は、設定画面の「ユーザーアカウント」にある「このPCにリモートでアクセスできるユーザーの選択」をクリックして、接続に利用するユーザーを追加する必要があります。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

ここでは、GUI操作でリモートデスクトップを有効化する方法を紹介していますが、コマンドで有効化したい場合は以下の記事をご覧ください。

Windows10でリモートデスクトップをコマンドで有効化する方法(PowerShell)
Windows10マシンにリモート接続する場合、最も便利な機能として「リモートデスクトップ接続」機能がありますが、この機能はデフォルトで...

セキュリティ設定が合っているか

Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合にありがちなこととして、リモートデスクトップのセキュリティ設定が、接続する側とされる側で合っていないために接続できなパターンです。

そのようなときは、以下に挙げる設定を調整することで解決することが多いです。

ネットワークレベル認証

Windows10でリモートデスクトップを有効化すると、デフォルトで「ネットワークレベル認証」が有効化されています。

WindowsマシンからWindows10にリモートデスクトップ接続するなら、ネットワークレベル認証が有効化されたままで問題ありませんが、Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合、利用するツールによってはネットワークレベル認証に対応していない場合があります。

そのような場合は、以下の手順でネットワークレベル認証を無効化します。

さきほどの、リモートデスクトップの設定画面で「詳細設定」をクリックします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

詳細設定画面が表示されるので「ネットワークレベル認証の構成」にある「コンピューターの接続にネットワークレベル認証の使用を求める(推奨)」のチェックをオフにします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

チェックをオフにすると、以下のような確認画面が表示されるので「このまま続行」をクリックします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

以上で、ネットワークレベル認証を無効化できます。

セキュリティレイヤー

ネットワークレベル認証と同じように、Windows以外のマシンからリモートデスクトップ接続する場合、利用するツールによってはデフォルトの暗号化方式(SSL)に対応していない場合があります。

その場合は、暗号化方式を変更する必要があります。

暗号化方式の変更方法は、次のとおりです。

タスクバーにある検索ボックスなどに「gpedit.msc」と入力して「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

ローカルグループポリシーエディターを起動したら、左ペインで「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「リモートデスクトップ サービス」>「リモートデスクトップ セッションホスト」>「セキュリティ」を順に選択します。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

右ペインに設定項目の一覧が表示されているので「リモート(RDP)接続に特定のセキュリティレイヤーの使用を必要とする」をダブルクリックします。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

設定画面が表示されるので「有効」を選択し「セキュリティレイヤー」から「ネゴシエート」を選択し「OK」をクリックします。

セキュリティレイヤーを「ネゴシエート」に設定しても接続できない場合は「RDP」を選択してみましょう。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

グルプポリシーの設定を適用するには、マシンを再起動するか、コマンドプロンプトで「gpupdate /force」コマンドを実行します。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

ファイアウォールで許可されているか

Windows10に標準搭載されている「Windows Defender ファイアウォール」を利用している場合、GUI操作でリモートデスクトップ接続を有効化すると、ファイアウォールの設定も自動的に変更され、リモートデスクトップ接続が許可されます。

Windows10にリモートデスクトップ接続できないときにチェックすること

ですが、レジストリ設定などでリモートデスクトップ接続を有効化した場合は、「Windows Defender ファイアウォール」の設定は変更されないため、リモートデスクトップ接続を許可する設定を、手動で有効化する必要があります。

また、サードパーティーのセキュリティ対策ソフトを利用している場合は、セキュリティ対策ソフト上でリモートデスクトップ接続を許可する必要があります。

個別の設定方法は、利用しているセキュリティ対策ソフトのマニュアルなどを参照していただくとして、設定したはずなのにリモートデスクトップ接続できない場合は、一時的にセキュリティー対策ソフトの機能を停止してリモートデスクトップ接続してみることで、セキュリティ対策ソフトが原因かの切り分けができるでしょう。

また、インターネット経由でリモートデスクトップ接続するような場合は、マシンの設定だけでなく、ネットワーク経路上の機器(ファイアウォールなど)の設定もチェックする必要があるでしょう。

あとがき

正しく設定したはずなのにリモートデスクトップ接続できないといったときに、ここで紹介した項目をチェックしてみてください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る