Windows10でインストール済みアプリの一覧をコマンドで収集する方法

Windows10でインストール済みアプリの一覧をコマンドで収集する方法

Windows10でインストールされているアプリの一覧を確認したい場合、コントロールパネルの「プログラムと機能」や、設定アプリの「アプリと機能」から目視で確認することが多いですが、PCの数が多いと、一台ずつ画面を表示して確認するのは骨が折れます。

そのような時は、コマンドでインストール済みアプリの一覧をテキスト出力することで、簡単に情報を収集することができます。

そこで、ここではWindows10でインストールされているアプリの一覧をコマンドで収集する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

コマンドでアプリ一覧を収集する

コマンドでアプリ一覧を出力する場合、いくつかの方法がありますが、レジストリから情報を抽出するのがもっとも精度が高いでしょう。

具体的には、以下の3つのレジストリキー配下から情報を収集します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
  • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall

Windowsコマンドで収集する

Windowsコマンドで情報を収集する場合は「reg query」コマンド利用します。

> reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall" /s | find "DisplayName"
> reg query "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall" /s | find "DisplayName"
> reg query "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall" /s | find "DisplayName"

上のコマンドでは、出力された情報からアプリ名だけを表示させるためにパイプ処理でfindコマンドを実行していますが、実際に出力される情報には以下の画像のように、余計な情報も出力されるため、収集したあとに手直しが必要です。

Windows10でインストール済みアプリの一覧をコマンドで収集する方法

より見やすく出力したい場合は、以下のPowerShellコマンドを実行する方法をおススメします。

PowerShellコマンドで収集する

PowerSheelコマンドで情報を収集する場合は「Get-ItemProperty」コマンドレットを利用します。

> Get-ItemProperty HKLM:Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\* | Select-Object DisplayName, DisplayVersion, Publisher, InstallDate | Format-Table –AutoSize
> Get-ItemProperty HKLM:SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\* | Select-Object DisplayName, DisplayVersion, Publisher, InstallDate | Format-Table –AutoSize
> Get-ItemProperty HKCU:Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\* | Select-Object DisplayName, DisplayVersion, Publisher, InstallDate | Format-Table –AutoSize

また、対象のレジストリから一括で情報収集するなら、次のような実行方法もあります。

> Get-ChildItem -Path('HKLM:SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall','HKCU:SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall','HKLM:SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall') | % { Get-ItemProperty $_.PsPath | Select-Object DisplayName, DisplayVersion, Publisher }

上のコマンドを実行して実際に出力される情報は次のような感じで、見やすく整形されて出力できるので、個人的にはPowerShellの利用をおススメします。

Windows10でインストール済みアプリの一覧をコマンドで収集する方法

あとがき

企業などで、複数のWindows10マシンを管理している場合、資産管理ツールなどを利用していれば、インストール済みアプリなどの情報を自動的に収集してくれますが、そうでない場合は、ここで紹介しているようにコマンドで情報収集すれば作業効率をアップできるでしょう。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ