Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

Windows10などで、ドライブの空き容量を確認する場合、エクスプローラーなどのグラフィカルな画面から確認するのが一般的ですが、空き容量に応じて何らかの処理を行いたいときや、リモートマシンの空き容量を確認したいときなどでは、コマンドで空き容量を確認するのが便利です。

そこで、ここではWindows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

Get-Volumeコマンドレット

PowerShellでドライブの空き容量を確認する場合は「Get-Volume」コマンドレットを利用します。

PowerShellを起動してGet-Volumeコマンドレットを実行すると、ローカルマシン上のドライブ情報が表示されます。(ネットワークドライブは含まれません)

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

出力される情報を絞り込む場合は、SelectやFormat-Tableなどで必要な項目のみを出力させることもできます。

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

また、Get-Volumeコマンドレットでは、ローカルマシンだけでなくリモートマシンのディスク空き容量を確認することもできます。

リモートマシンに対してGet-Volumeを実行するには、「-CimSession」オプションでリモートマシン名を指定して実行します。(複数のリモートマシンを指定することもできます。)

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

PowerShellでリモートマシン(Windows10)を操作する方法
Windows環境に標準搭載されているPowerShellのコマンドレットの中には、ローカルマシンを操作するだけでなく、リモートマシンを...

wmicコマンド

Windowsコマンドでディスク空き容量を確認する場合は「wmic」コマンドを利用します。(なお、Windows10ではwmicコマンドは非推奨となっています。)

「wmic volume」と実行すると、ローカルマシン上のドライブ情報が表示され、「wmic logicaldisk」と実行すると、ユーザーから見えるドライブ情報のみを確認できます。(ネットワークドライブは含まれません)

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

なお、上の画面をご覧いただくと分かりますが、そのまま実行すると多くの情報が表示されて分かりづらいので、「list brief」や「get」などのオプションを付けて表示する項目を絞ると見やすくなります。

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

Windows10でドライブの空き容量をコマンドで確認する方法

あとがき

空き容量のサイズに応じて何らかの処理を行いたいときや、リモートマシンの空き容量を確認したいときなどは、コマンドで空き容量を確認するのが便利です。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る