Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

Windows 10マシンを使って外出先から社内のネットワークに接続する場合や、リモートワークでよく利用されるVPN接続ですが、通常はWindowsの「設定」から「ネットワークとインターネット」>「VPN」を開いて接続する必要があり少々面倒です。

そこでここでは、Windows 10でVPN接続を作成する方法と、接続用・切断用のショートカットを作成して、接続・切断しやすくする方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit1803

VPN(Virtual Private Network)とは

企業などでは、地理的に離れた場所にあるコンピューター同士で安全に通信を行いたい場合、回線事業者により提供される、公衆回線と物理的に分けられた専用の回線を利用する「専用線」というサービスが利用されてきました。

ですが、専用線は物理的な設備、敷設を要するためにコストが高く、複数の拠点を構えているような企業でもない限り、導入ハードルはとても高いものでした。

そこで、インターネットが普及し始めた2000年ごろから、既存の公衆回線を仮想的に専用線化して、低コストで専用線に近いセキュリティを実現する仕組みとして「VPN(Virtual Private Network)」が生まれました。

VPNでは「認証」「トンネリング」「暗号化」という3つの仕組みで、通信の識別や、セキュリティの確保を行っており、現在では、多くの企業や個人で利用されており、特に最近はリモートワークの手法として注目を集めています。

VPN接続の作成

まずは、Windows 10でVPN接続を作成します。

「スタート」メニューから「設定」>「ネットワークとインターネット」を開き、画面左メニューから「VPN」を選択します。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

「VPN接続を追加する」をクリックし、接続情報を入力します。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

上の画面で設定できるのは、基本的な設定項目のみになります。詳細な設定が必要な場合は、「アダプターのオプションを変更する」をクリックし、追加したVPN接続のプロパティ画面で設定します。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

プロパティ画面

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

接続/切断用ショートカットの作成

VPN接続を作成し接続を確認できたら、接続用と切断用のショートカットを作成しておけば、接続・切断がやりやすくなります。

ショートカットを作成するには、デスクトップのなにもないところを右クリックし、メニューから「新規作成」>「ショートカット」をクリックします。

ショートカットの作成画面で「項目の場所を入力してください」欄に次のように入力して「次へ」をクリックします。

  • 接続用:C:\Windows\System32\rasphone.exe -d <VPN接続名>
  • 切断用:C:\Windows\System32\rasphone.exe -h <VPN接続名>

<VPN接続名>には、Windows 10の「VPN接続を追加する」で作成した「接続名」を指定します。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

ショートカットの名前はわかりやすい名前をつけて「完了」をクリックして完了です。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

これで、作成したショートカットから簡単にVPN接続や切断ができるようになります。

Windows 10でVPN接続するときは、ショートカットからの接続がおすすめ

また、ショートカットを作成しておけば、ユーザー名だけを保存しておいてパスワードは毎回入力するようにできるため、セキュリティ上パスワードは保存したくない場合や、ワンタイムパスワードなどを利用している場合も使い勝手が良くなります。

あとがき

接続/切断用のショートカットを作成しておけば、VPN接続までの手順が簡略化されて、使いやすくなると思います。お試しあれ。