Windows10:簡易バックアップ機能「ファイル履歴」を使いこなす

Windows10の「ファイル履歴」は、簡易的なバックアップ機能ですが、負荷が低く復元も手軽にできるおすすめの機能です。せっかく、優秀なバックアップ機能がWindows 10に搭載されているのですから、これを使わない手はないでしょう。

ここでは、「ファイル履歴」の使い方を紹介します。

バックアップ設定

機能の有効化

「設定」画面で「更新とセキュリティ」をクリックします。

「更新とセキュリティ」で「バックアップ」を選択し「ファイル履歴を使用してバックアップ」欄の「ドライブの追加」をクリックします。

一覧からバックアップを保存するドライブを選択します。

Memo

バックアップ先に指定できるドライブは、システムドライブ(通常はCドライブ)が含まれていない物理ドライブ、もしくはネットワークドライブです。ノートパソコンなどで物理ドライブが1台しかないマシンでは、ネットワークドライブか、USBメモリ・USBハードディスク・SDカードなどの外部ストレージを接続して指定します。

ドライブを指定すると「ファイル履歴を使用したバックアップ」が自動的に開始されます。

以上で、機能の有効化は完了です。

バックアップ対象の指定

「設定」から「バックアップ」を選択し「ファイル履歴を使用してバックアップ」欄の「その他のオプション」をクリックします。

「バックアップオプション」の「バックアップ対象のフォルダー」で「フォルダーの追加」をクリックし、バックアップ対象のフォルダーを追加します。

バックアップ対象のフォルダー一覧から除外するには、除外したいバックアップ対象フォルダーをクリックし「取り出し」をクリックします。

除外フォルダーの指定

バックアップ対象フォルダー内の一部のフォルダーを、バックアップから除外するには「バックアップオプション」の「除外するフォルダー」でフォルダーを指定します。

    バックアップ頻度とデータ保存期間の設定

    「バックアップオプション」の「ファイルのバックアップを実行」「バックアップの保持」で、バックアップ頻度とバックアップの保持期間を指定します。

    バックアップの頻度を指定

    「ファイルのバックアップを実行」で、バックアップの頻度を以下から選択します。

    バックアップデータの保持期間を指定

    「バックアップを保持」で、バックアップデータの保持期間を指定します。

    バックアップ頻度とバックアップの保持期間は、バックアップ先ドライブの容量と、バックアップするデータの容量により調整することを奨めます。

    ファイルの復元

    ファイルを以前のバージョンへ復元する

    エクスプローラーで以前のバージョンに戻したいファイルを選択した状態で「履歴」をクリックします。

    指定したファイルの履歴が表示されるので、戻したいバージョンを左右ボタンで選択し「元の場所に復元」ボタンをクリックします。画面にはバックアップした日時とファイルのプレビューが表示されるので、どのバージョンを戻すか迷うことはないでしょう。

    ファイルは、元の場所に復元されるるため、元の場所に同名のファイルがあると上書きするかどうか確認画面が表示されます。

    削除したファイルを復元する

    削除してしまったファイルを復元する場合は、エクスプローラーで、そのファイルが保存されていたフォルダーを選択した状態で「履歴」をクリックします。

    バックアップされたフォルダー内のファイルが表示されるので、復元したいバージョンのファイルを選択して「元の場所に復元」ボタンををクリックします。

    古いバックアップデータを削除

    バックアップデータから古いバージョンを削除するには以下の手順で削除します。

    「コントロールパネル」の「ファイル履歴」で「詳細設定」をクリックします。

    「詳細設定」で「古いバージョンのクリーンアップ」をクリックします。

    「ファイルの削除:」から削除の対象期間を選択し「クリーンアップ」ボタンをクリックします。

    削除が完了すると「クリーンアップは正常に完了しました。」と表示され、削除完了です。

    まとめ

    誤ってファイルを更新してしまったときなどに簡単に戻せるのは、とてもありがたいです。特に、仕事用のマシンに設定しておけば安心感が違います。こんな便利な機能、使わない手はありません。

    スポンサーリンク