Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

Windows10でソフトウェアの配布や添付ファイルの形式としてZIP形式が利用されることがよくありますが、ZIPファイルを解凍したときに、以下のようなエラーが発生することがあります。

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

このエラー(0x80004005)は、ZIPファイルの圧縮形式や暗号化形式がWindows10の標準機能で解凍できない形式のために発生するエラーです。

そこでここでは、Windows10でZIPファイルを解凍したときにエラー(0x80004005)が発生したときの対処方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

対処方法

Windows10の標準機能では、圧縮形式が「Deflate」暗号化形式が「Zipcrypto」以外のZIPファイルは解凍することができません。

そのため、たとえば強固な暗号化形式「AES-256」などを使って暗号化されたZIPファイルを解凍しようとすると、以下のようなエラーが発生して解凍することができません。

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

このようなZIPファイルを解凍する場合は、サードパーティーの圧縮解凍ツールを利用する必要があります。

Windows10で利用できる圧縮解凍ツールとしては「Lhaplus」や「7Zip」がおススメで、いずれのツールも、AES-256などを使って暗号化されたZIPファイルを解凍することができます。

Windows10:圧縮解凍ソフトは「Lhaplus」がおすすめです。
仕事・プライベートを問わず、ZIPなどの圧縮ファイルを利用する機会は結構あります。 ですが、Windows10の標準機能では、ZIP形...

圧縮・解凍ソフト 7-Zip | https://sevenzip.osdn.jp/

ZIPファイルの圧縮形式/暗号化形式を確認する

解凍できないZIPファイルの圧縮形式や暗号化形式を確認したいときは、圧縮解凍ツール「7Zip」で確認することができます。

7ZipでZIPファイルを開くと「Method」欄に圧縮形式や暗号化形式が表示されており「Deflate」や「ZipCrypto」以外が表示されている場合は、Windows10の標準機能では解凍できません。

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

Windows10の標準機能で解凍できる形式

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

Windows10の標準機能では解凍できない形式

Windows10でZIPファイルの解凍エラー(0x80004005)が発生したときの対処方法

Windows10の標準機能では解凍できない形式

あとがき

ZIPファイルを解凍しようとしたときに、エラー(0x80004005)が発生した場合は、ZIPファイルが壊れていることを疑う前に、Lhaplusや7zipといった圧縮解凍ツールを使ってみることをおススメします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ