Windows10:圧縮解凍ソフトは「Lhaplus」がおすすめです。

仕事・プライベートを問わず、ZIPなどの圧縮ファイルを利用する機会は結構あります。ですが、現在のWindows10の標準機能では、ZIP形式ファイルの圧縮・解凍しかサポートされておらず、使い勝手の面で物足りないところがあります。

そこで、ぜひ導入しておきたいのが、フリーの圧縮解凍ソフト「Lhaplus(ラプラス)」です。ここでは、Lhaplusの特徴と簡単な利用方法を紹介したいと思います。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
OS Windows10 Professional 64bit バージョン1803(April 2018 Update)
アプリ Lhaplus for Windows Version 1.74 

Lhaplusとは

Lhaplusは、フリーの圧縮解凍ソフトです。使いやすさ、きめ細かい設定、多数のアーカイブ形式へ対応していることから、Windows10にぜひとも導入しておきたいソフトウェアの一つです。

公式HP:http://hoehoe.com/

Lhaplusの主な特徴は次のとおりです。

多数のアーカイブ形式に対応

以下の表のように、圧縮・解凍のそれぞれで様々な形式に対応しており、このソフトさえあれば、ほとんどの形式に対応可能と言っても過言ではありません。

項目 対応形式
解凍 7z,Ace,arc,arj,b64(base64),bh,bz2,cab,gz,lzh,lzs,mim(MIME),rar,tar,
taz,tbz,tgz,uue,xxe,z,zip(jar),zoo,exe(SFX)
圧縮 b64(base64),bh,bz,cab,gz,lzh,tar,tbz,tgz,zip(jar),uue,xxe,
exe(lzh SFX,zip SFX)

圧縮・解凍が超かんたん

拡張子を関連付けておけば、圧縮ファイルをダブルクリックするだけで解凍できます。また、拡張子を関連付けしなくても、Lhaplusアイコンに圧縮ファイルをドラッグ&ドロップすれば、解凍できます。

また、通常ファイルをLhaplusのアイコンにドラッグ&ドロップすれば圧縮形式をしてして圧縮ができ、以下の画像のようにコンテキスト(右クリック)メニューからも圧縮・解凍できます。

詳細な設定も可能

デフォルトの設定でも問題なく使用できますが、Lhaplusアイコンをダブルクリックして表示される設定画面で、ソフトウェアの動作を自分好み調整することができます。

さらに、右下の「詳細設定」ボタンをクリックすると、下記の画像のように細かい設定を調整することもできます。

解凍の詳細設定画面

圧縮の詳細設定画面

利用例

ここでは、一例として仕事でよく使うパスワード付きのZIP形式でファイルを圧縮する手順を紹介します。

なお、ここではコンテキストメニューから圧縮する手順を紹介しますが、Lhaplusアイコンにドラッグ&ドロップして圧縮することもできます。

まずは、圧縮するファイルを選択(複数のファイルを選択することもできます)した状態で、右クリックのコンテキストメニューから「圧縮」>「.zip(pass)」をクリックします。

パスワードの入力画面が表示されるので、パスワードを設定して「OK」をクリックします。

すると、元ファイルと同じフォルダーに圧縮ファイルが生成されます。とても簡単です。

ちなみに、入力するパスワードは「詳細設定」>「圧縮設定2」でカスタマイズすることができ、固定のパスワードを使うか、都度パスワードを指定するかを選択できます。また、パスワードの履歴が保存されており、同じパスワードを履歴から再利用したり、履歴を削除することもできます。

まとめ

簡単に圧縮・解凍できるソフトが欲しい方から、きめ細かくカスタマイズできるソフトがほしい方まで、オールラウンドで対応できるおすすめの圧縮・解凍ソフトです。

さらに、Lhaplusは業務を行う上でのツールとして利用する分には、費用がかからないのも嬉しい点です。私の所属している会社でも標準ツールとして利用しています。