システム要件を満たしていないパソコンをWindows11にアップグレードする方法

システム要件を満たしていないパソコンをWindows11にアップグレードする方法

Windows11では、システム要件が厳しくなっており(TPM2.0、セキュアブートなど)、利用しているパソコンによっては、そのままではWindows11にアップグレードできない場合があります。

Windows11をこれからメインに使っていくつもりなら、素直にシステム要件をクリアできるよう、パソコンを買い替える、パーツを交換するという選択肢をおすすめしますが、今使っているパソコンをなんとかしてWindows11にアップグレードさせたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは、システム要件を満たしていないWindows10パソコンを、レジストリ設定によってWindows11にアップグレードできるようにする設定方法を紹介します。

Memo

なお、システム要件を満たしていないパソコンでWindows11を利用する方法は、非推奨のため更新プログラムが提供されない可能性があります。

そのため、検証や開発など一時的にWindows11を利用したい場合に限って利用するのが良いでしょう。

Windows10を今すぐWindows11にアップグレードする方法
2021年10月5日から提供されているWindows11は、Windows10からアップグレードする場合、次の3通りの方法で無料アップグ...

システム要件を回避する方法

Windows10をWindows11にアップグレードするときに、CPUやTPM2.0といったシステム要件を満たしていないと、アップグレード時に次のような画面が表示されて、そのままではアップグレードできません。

システム要件を満たしていないパソコンをWindows11にアップグレードする方法

ですが、以下のレジストリ設定を事前に実施しておくことで、インストールメディアを使ってアップグレードするときに、CPUやTPM2.0のチェックを回避することができます。

手順は、アップグレードしたいWindows10上で、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup" /v AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンド実行後「この操作を正しく完了しました。」と表示されれば、設定完了です。

システム要件を満たしていないパソコンをWindows11にアップグレードする方法

あとは、インストールメディアを使ってWindows11にアップグレードすれば、以下のような警告が表示されるものの、内容を承諾することでアップグレードできるようになります。

システム要件を満たしていないパソコンをWindows11にアップグレードする方法

なお、この方法はMicrosoftの公式ページで紹介されています。

Windows 11 をインストールする方法 | Microsoft

あとがき

はじめにも書きましたが、システム要件を満たしていないパソコンでWindows11を利用することは非推奨のため、更新プログラムの提供が行われない可能性があるので、検証や開発など一時的にWindows11を利用したい場合に限って利用するのが良いでしょう。

長く安定的にWindows11を利用するつもりなら、素直にシステム要件を満たしたパソコンを用意するのがおすすめです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ