Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

Windows 10や11では「メディア作成ツール」を利用して、DVDやUSBメモリなどのインストールメディアを作成することができます。

そこでここでは、Windows 10のパソコンで「メディア作成ツール」を利用して、Windows 10やWindows 11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法や、インストールイメージを公式サイトから直接ダウンロードする方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit21H2

Windows 10のインストールメディアを作成する

まず、以下のMicrosoftのページで「ツールを今すぐダウンロード」から「メディア作成ツール」をダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード | Microsoft

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ダウンロードしたファイル「MediaCreationTool20H2.exe」を実行すると「メディア作成ツール」が起動し「ライセンス条項」画面が表示されるので「同意する」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「実行する操作を選んでください」画面が表示されるので「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面が表示されるので、メディア作成ツールを実行しているWindows 10と同じ言語、アーキテクチャ、エディションのメディアを作成したいときは、そのまま「次へ」をクリックします。

それ以外の場合は「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックをオフにしてから、言語、アーキテクチャ、エディションをそれぞれ選択して「次へ」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「使用するメディアを選んでください」画面が表示されるので、作成したいメディアの種類を選択して「次へ」をクリックします。

ここでは、例として「ISOファイル」を選択し「次へ」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「パスの選択」画面が表示されるので、ISOファイルの保存先と保存ファイル名を指定し「保存」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

データのダウンローが開始されるので、完了まで待ちます。

約4.7GBのデータがダウンロードされます。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ダウンロードが完了すると「ISOファイルをDVDにコピーしてください」画面が表示されるので「完了」をクリックして「メディア作成ツール」を終了します。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

作成したISOファイルは、そのままマウントして利用したり、DVDなどに書き込んでインストールメディアとして利用できます。

Windows 10や11でISOファイルの内容を参照する方法
ここでは、Windows 10や11で、ISOファイル(イメージファイル)をマウントして内容を参照する方法を紹介します。

以上で、インストールメディアの作成は完了です。

Windows 11のインストールメディアを作成する

まず、Webブラウザで以下のMicrosoftの公式サイトにアクセスし「Windows 11のインストールメディアを作成する」の下にある「今すぐダウンロード」ボタンをクリックします。

Windows 11 をダウンロードする | Micrsoft

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

メディア作成ツール「MediaCreationToolW11.exe」をダウンロードしたら、そのまま実行します。

「適用される通知とライセンス条項」画面が表示されるので、ライセンス条項を確認し「同意する」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「言語とエディションの選択」画面では、そのまま「次へ」をクリックします。

言語を変更したいときは「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外せば変更できます。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「使用するメディアを選んでください」画面では、使用するメディアに応じて「USBフラッシュドライブ」または「ISOファイル」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

USBフラッシュドライブを選択した場合

「USBフラッシュドライブを選んで下さい」画面では、使用するUSBメモリをパソコンに接続してから「ドライブの一覧を更新する」をクリックします。

USBメモリの容量は、少なくとも8GB必要です。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

すると、接続したUSBメモリがリムーバブルドライブとして表示されるので、選択してから「次へ」をクリックします。

Memo

パソコンに複数のリムーバブルドライブを接続しているときは、ドライブの選択を間違わないよう注意しましょう。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ダウンロードが開始されるので、完了するまで待ちます。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示さたら「完了」ボタンをクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

以上で、USBのインストールメディアの作成完了です。

作成したUSBのインストールメディアをパソコンに接続してUSBから起動すれば、Windows 11のインストールやアップグレードが実行できます。

ISOファイルを選択した場合

ISOファイルの保存先を指定する画面が表示されるので、保存場所とファイル名を指定して「保存」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ダウンロードが開始されるので、完了するまで待ちます。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ISOファイルが完成すると「ISOファイルをDVDにコピーしてください」画面が表示されるので「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックしてから「完了」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「Windowsディスクイメージ書き込みツール」画面が表示されるので、ドライブに空のDVDメディアを装填して「書き込み」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

書き込みが開始されたら、完了まで待ちます。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

「ディスクイメージはディスクに正常に書き込まれました。」と表示されたら「閉じる」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

以上で、DVDのインストールメディアの作成完了です。

作成したDVDのインストールメディアからパソコンを起動すれば、Windows 11のインストールやアップグレードが実行できます。

メディア作成ツールが利用できない時は

何らかの理由で、メディア作成ツールが利用できないときは、裏技的な方法として、アクセス元のデバイスのOSがWindows以外であると偽装して、インストールイメージ(ISOファイル)をMicrosoft公式サイトからダウンロードする方法があります。

まず、Google ChromeやMicrosoft EdgeといったWebブラウザの「開発者ツール」を開き、モバイルデバイスでの表示に切り替えた上で、ダウンロードページを開きます。

Download Windows 10 Disc Image (ISO File)

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

ダウンロードページを開いたら「Select edition」でWindows 10を選択して「Confirm」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

次に「Select the product language」で「Japanese」を選択して「Confirm」をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

すると、32ビット版と64ビット版それぞれのダウンロードボタンが表示されるので、ダウンロードしたい方をクリックします。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

以上で、インストールイメージのダウンロードが開始されます。

ちなみに、64ビット版のインストールイメージのファイルサイズは、約5.6GBありました。

Windows 10や11のインストールメディア(DVD、USBメモリ)を作成する方法

何らかの理由で「メディア作成ツール」からインストールイメージを作成できないときは、直接インストールイメージをダウンロードする方法が役立つでしょう。

あとがき

Windowsのインストールメディアは、OSをインストールするときだけでなく、トラブルシューティングなどでも活用できるので、機能更新のリリースごとに作成しておけば安心でしょう。