Windows10の不要なユーザーデータをキレイに削除する方法

Windows環境では、ユーザーごとの設定、ユーザー用のフォルダー、レジストリ情報などが「ユーザープロファイル」と呼ばれるフォルダーに格納されており、長年利用しているとユーザープロファイルフォルダーのサイズがGB(ギガバイト)単位になることも珍しくありません。

個人利用のマシンであれば、ユーザープロファイルフォルダーの肥大化もそれほど気になりませんが、共用マシンなど、複数のユーザーが利用するマシンの場合、ユーザープロファイルのデータサイズが無視できない大きさになる場合があります。

そこで、ここではユーザープロファイルを正しく削除して、ディスクの空き領域を増やす方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

ユーザープロファイルの削除方法

Windows10のユーザープロファイルは、デフォルトでは「C:\Users」配下にユーザーごとのフォルダーが作成され、そのなかに保存されています。

ユーザープロファイルを削除する場合は、通常のフォルダーと同じように、エクスプローラーなどから削除してはいけません。ユーザープロファイルには、レジストリ設定なども含まれているため、単純に削除してしまうと、システムとの整合性がとれなくなるため、以下の手順で削除します。

ユーザーアカウントとユーザープロファイルを両方削除する

ユーザーアカウントとユーザープロファイルを両方削除する場合は、ユーザーアカウントを削除します。

手順は、次のとおりです。

まず「Windowsの設定」を起動し「アカウント」をクリックします。

「アカウント」画面の左メニューから「家族とその他のユーザー」を選択すると、ローカルアカウントの一覧が画面右側に表示されます。

不要なアカウントを選択してから「削除」をクリックし、確認画面で「アカウントとデータの削除」をクリックします。

これでアカウントと、アカウントが利用しているユーザープロファイルの両方が削除されます。

Memo

上記の手順は、ローカルアカウントの場合に有効な手順で、ドメインアカウントはこの方法では削除できませんのでご注意を。

ユーザープロファイルのみを削除する

ユーザーアカウントは残しておき、ユーザープロファイルのみを削除する場合の手順は、次のとおりです。

まず、エクスプローラーを起動し、画面左側のメニューから「PC」アイコンを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」を選択します。

「システム」画面が開くので、画面左側メニューから「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」画面が開くので「詳細設定」タブにある「ユーザープロファイル」の「設定」ボタンをクリックします。

「ユーザープロファイル」画面が開くので、ユーザープロファイルを削除したいアカウント名を選択してから「削除」ボタンをクリックし、確認画面で「はい」をクリックすると、ユーザープロファイルが削除されます。

なお、ユーザープロファイルのデータサイズがGB(ギガバイト)を超えている場合、削除に時間がかかる場合があります。

Memo

ユーザープロファイルの一覧の「変更日」には、そのユーザープロファイルが最後に使われた日付が表示されているので、削除の判断材料になるでしょう。

Memo

名前が「不明なアカウント」と表示されているユーザープロファイルは、アカウントがすでに削除されているユーザープロファイルの可能性が高いため、おおむね削除しても問題ないですが、ドメイン環境のマシンの場合は、ドメインコントローラーと通信できないなどの理由でアカウント情報にアクセスできないと「不明なアカウント」と表示されることがあるため、ドメイン環境のマシンの場合は、削除に注意が必要です。

あとがき

PCの不要なデータを削除するときは、ここでしょうかした不要なユーザープロファイルの削除も考慮すると良いですよ。

PCの不要なデータを削除する方法については、以下の記事をご覧ください。

Windows10 PCの動作が遅くなってきたときはディスクをチェックしてみよう。
Windows10に限った話ではありませんが、PCを長年使っていると、最初のころに比べて、だんだん動作が遅くなってくることがよくあり...
おすすめコンテンツ:
トップへ戻る