Windows10を設定変更で高速化する方法

Windows10の動作を高速化する場合、最も効果があるのはハードウェアを増強(SSDなどの高速なディスクへの交換や、メモリ増設など)することですが、それ以外にもWindowsの設定を見直すことで、高速化できる場合があります。

そこで、ここではWindows10を高速化できる設定を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

高速化のための設定

視覚効果を無効化する

個人的に最も効果があると思うのは「視覚効果」です。

画面のアニメーション動作や影などの視覚効果は、ユーザーインターフェースの見栄えを良くする半面、CPUやメモリを消費するので、視覚効果を無効化することで、マシンのキビキビ感がアップします。

視覚効果を無効にする手順は、次のとおりです。

「コントロールパネル」から「すべてのコントロールパネル項目」>「システム」を順に開き、左側のメニューから「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」画面で「詳細設定」タブの「パフォーマンス」欄にある「設定」をクリックします。

「パフォーマンスオプション」画面の「視覚効果」タブで「パフォーマンスを優先する」を選択するか、「カスタム」を選択して、すべてのチェックボックスをオフにします。

スタートメニューの透明効果を無効化する

上の視覚効果に関連しますが、デフォルトでWindows10のスタートメニューやタスクバーには半透明エフェクトがかけられていまが、無効化することで視覚効果を無効化した時と同じような効果があるでしょう。

透明効果を無効化する手順は、次のとおりです。

デスクトップの何もないところを右クリックして、メニューから「個人用設定」をクリックします。

「個人用設定」の左メニューから「色」を選択し「透明効果」を「オフ」にします。これで半透明エフェクトが無効になります。

不要なサービスを無効化する

効果はそれほどではありませんが、不要なサービスを無効化すれば、リソースの節約につながるので、リソースに余裕がないマシンでは有効です。

不要なサービスを無効にする手順は、次のとおりです。

「スタート」ボタンを右クリックして、メニューから「タスクマネージャー」を選択します。

「タスクマネージャー」の「サービス」タブをクリックし、下部にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。

「サービス」画面が開くので、一覧から無効にしたいサービスをダブルクリックして「プロパティ」画面を開きます。

プロパティ画面の「全般」タブにある「スタートアップの種類」から「無効」を選択して「OK」をクリックします。

なお、実行中のサービスの設定を変更するときは、上の画面の「サービスの状態」でサービスを停止してから設定を変更します。

以上で、サービスの無効化が可能です。

なお、一度に複数のサービスを無効化すると、予期せぬ不具合が発生する可能性があるため、サービスを無効化する際は、システムの動作を確認しながら少しずつ無効化することをおススメします。

不要なスタートアッププログラムを無効化する

Windows環境には、OS起動時に自動的に起動するプログラム「スタートアッププログラム」があります。このスタートアッププログラムの数を減らせば、マシンの起動を高速化できます。

スタートアッププログラムを無効化する手順は、次のとおりです。

「スタート」ボタンを右クリックして、メニューから「タスクマネージャー」を選択します。

「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブをクリックすると、スタートアッププログラムの一覧が表示されるので、自動的に起動させたくないプログラムを選択して、右下の「無効にする」をクリックします。

バックグラウンドアプリを無効化する

Windows10上で動作しているアプリの中には、バックグラウンドで動作して、インターネットからデータ受信したり、通知を送信したりしています。たとえば、ニュースアプリでは、一定間隔で最新のニュースを自動的にダウンロードしています。

このようなアプリのバックグラウンド動作は、最新の情報を表示したり通知などで役立つ反面、リソースを消費しているため、無効化すればリソースを節約できます。

不要なアプリのバックグラウンド動作を無効化する手順は、次のとおりです。

「設定」アプリを起動して「プライバシー」を開きます。

左メニューから「バックグラウンドアプリ」を選択すると、バックグラウンドで動作しているアプリの一覧が表示されているので、無効化したいアプリの右側にあるスイッチを「オフ」に設定します。

なお、すべてのアプリのバックグラウンド実行を無効化する場合は、上部にある「アプリのバックグラウンド実行を許可する」を「オフ」に設定します。

注意点としては、アプリのバックグラウンド実行を無効化すると、ニュースアプリの場合は最新情報が表示されなくなったり、メールアプリだと新着メールが通知されなくなります。

電源プランを変更する

Windows10では、デフォルトの電源プランとして「バランス」が選択されており、自動的にパフォーマンスと電力消費のバランスが取られています。

この電源プランをパフォーマンスを優先する設定に変更することで、高速化に期待できます。

電源プランを変更する手順は、次のとおりです。

「設定」アプリを起動して「システム」を開きます。

左メニューから「電源とスリープ」を選択し、関連設定にある「電源の追加設定」をクリックします。

「電源オプション」画面が開くので、電源プランから「高パフォーマンス」を選択します。

これで、パフォーマンスを優先する設定になり、高速化に期待できます。なお、電源プランの説明にも記載されていますが、パフォーマンスを優先することで、電力消費も上がります。

あとがき

設定以外では、ごみデータを削除することでWindows10の動作が回復することがあるので、以下の記事も参考にしてみてください。

Windows10 PCの動作が遅くなってきたときはディスクをチェックしてみよう。
Windows10に限った話ではありませんが、PCを長年使っていると、最初のころに比べて、だんだん動作が遅くなってくることがよくあり...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る