最近スマホの動作が遅くなってきたと感じたときに試したい4つのこと

最近スマホの動作が遅くなってきたと感じたときに試したい4つのこと

スマートフォンを長く利用していると、さまざまな理由で購入当初に比べて動作が遅くなってきます。

そこでここでは、Android端末を例に、購入当初のサクサク感を取り戻すために試したいことを4つ紹介します。

端末を再起動する

効果が高いのに意外と実行している人が少ないのが、端末の再起動です。

Androidなどのオペレーティングシステムは、複数のプログラムが連携してさまざまな処理を行っており、長時間稼働しているとなんらかの原因で動作に問題が生じたり、メモリが開放されないといったことが起こります。

そのようなときは、端末を再起動することで正常な状態へと戻すことができます。

そこで、週に1回程度は端末を再起動することで、遅くなった(重くなった)Android端末を高速化(軽く)できます。

アプリを最適化する

次に行うべきは、インストールしているアプリの最適化です。

具体的には以下を行います。

  • 不要なアプリをアンインストールする
  • アプリのキャッシュデータや不要データを削除

具体的な操作手順については、以下の記事をご覧ください。

Android端末で不要なファイルを削除/移動して空き容量を増やす方法
ここでは、Android端末で不要なファイルを削除したり移動したりして、端末の空き容量を増やす方法を紹介します。

システム設定を変更する

上に挙げた「アプリの最適化」や「端末の再起動」を実行しても、なお端末の動作が遅いときは、そもそも端末のスペックが低い可能性があります。

そのようなときは、インストールするアプリの数をさらに減らす、軽量なホームアプリに変更する、不要なアニメーションをオフにするなど、端末の動作に必要なリソースを可能な限り減らすことで高速化できる場合があります。

Android端末を設定変更で高速化する方法
アプリを駆使した方法以外にも、Androidそのものの設定を調整することで、ハードウェアリソースの消費を抑えつつ動作のキビキビ感を上げることができるのをご存知でしょうか。

端末を初期化する

ここまでに紹介したいずれの方法を実施しても、端末の動作が遅い(重い)場合は、最終手段として端末を初期化することで、端末をきれいな状態に戻すことで動作を軽くできるでしょう。

Android端末の初期化方法は3種類あります。
Android端末には、端末を初期化する方法として①Androidの「設定」から初期化②「リカバリモード」から初期化③「デバイスを探す」から初期化の3つの初期化方法が用意されています。

あとがき

アプリをインストールし過ぎない、定期的に端末を再起動する、2年に1回ぐらいの間隔で端末を初期化する、この3点を実施することで、長く快適にスマホを利用できるでしょう。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。