Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

Windows10のリモートデスクトップ接続でローカルとリモート間でファイルなどをコピーする場合、おおむね通常と同じような操作でコピー&ペーストできますが、大容量のファイルだとコピーできないことがあります。

そんなときは、ドライブをリダイレクトすることで大容量のファイルも難なくコピーすることができます。

そこで、ここではWindows10でリモートデスクトップ接続で、ドライブをリダイレクトして大容量のファイルをローカルとリモート間でコピーする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

通常のファイルコピー操作の制限

通常、リモートデスクトップ接続でローカルとリモート間でファイルなどをコピーするときは、クリップボードを共有することでファイルコピーなどを行いますが、このクリップボードの共有を利用したコピー方法では、ファイルサイズの制限があり、4GBを超えるファイルはコピーすることができません。

Memo

ちなみに、リモートデスクトップ接続では、ドラッグ&ドロップでローカルとリモート間でコピーすることはでききません。

大容量のファイルをコピーするには

リモートデスクトップ接続で、ローカルとリモート間で4GBを超えるファイルをコピーするときは、任意のローカルドライブをリダイレクトすることで、そのドライブを経由してコピーすることができます。

手順は、次のとおりです。

まず、ローカルPCでリモートデスクトップ接続アプリを起動し、画面左下の「オプションの表示」をクリックします。

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

オプション画面が表示されたら「ローカルリソース」タブを開き「ローカルデバイスとリソース」にある「詳細」をクリックします。

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

リモートマシンで利用したいローカルデバイスを選択する画面が表示されるので、「ドライブ」を展開して、リダイレクトしたいローカルドライブにチェックを入れて「OK」をクリックします。

ここでは、例としてCドライブにチェックを入れます。

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

設定が済んだら「全般」タブを選択して、リモートマシンを指定しリモートマシンにリモートデスクトップ接続します。

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

接続したら、リモートマシンでエクスプローラーを起動します。

すると、先ほど設定したローカルドライブが「リダイレクトされたドライブとフォルダー」に表示されていることを確認できます。

Windows10のリモートデスクトップで4GBを超える大容量ファイルをコピーする方法

あとは、このドライブを経由してローカルとリモート間でファイルをコピーすることで、4GBを超えるサイズのファイルでもコピーすることができます。

あとがき

ちなみに、ここで紹介したローカルドライブをリダイレクトする方法でファイルコピーしたほうが、クリップボードを共有したファイルコピーよりも高速にコピーできます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る