Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

Windows10のシャットダウン方法には、デフォルトのシャットダウン方法である「通常シャットダウン」と、「完全シャットダウン」の2種類があります。

Windows環境でトラブルが生じたときには、シャットダウンや再起動することで問題が解決する場合がありますが、Windows10の「通常シャットダウン」は曲者で、場合によっては問題が解決できないばかりか、予期せぬ動作を引き起こすことがあります。

そこで、ここでは「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」の違いと「完全シャットダウン」を行う方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903

「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」の違い

Windows10のデフォルトのシャットダウン方法である「通常シャットダウン」では、高速スタートアップという機能が利用されており、Windows10の終了時にメモリやCPUの状態を保持することによって、次回のWindows10の起動を高速化しています。

しかし、この「高速スタートアップ」機能は、PCの動作が不安定なときや、ハードウェアに変更があるときに利用すると、思わぬ動作を引き起こすことがあります。

それに対して「完全シャットダウン」では、高速スタートアップ機能は利用されないため、Windows10の終了時にメモリやCPUの状態を保持することはなく、Windows10の起動時には、必要な情報を読み込み直します。

トラブル時にWindows10をシャットダウンする場合は「完全シャットダウン」を行うことで、余計なトラブルを避けることができます。

「完全シャットダウン」を行う方法

「完全シャットダウン」を行うには、いくつかの方法があります。

  • コマンドで完全シャットダウン
  • キー操作を組み合わせて完全シャットダウン
  • 常に完全シャットダウン

コマンドで完全シャットダウン

コマンドで完全シャットダウンするときは、管理者としてコマンドプロンプト起動して、以下のコマンドを実行します。

> shutdown /s /f /t 0

キー操作を組み合わせて完全シャットダウン

デスクトップ左下のスタートボタンをクリックして、メニューから電源アイコンをクリックして、シフトキーを押しながら「シャットダウン」を選択します。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

常に完全シャットダウン(高速スタートアップの無効化)

Windows10と通常通りにシャットダウンしたとき、常に完全シャットダウンさせるには、高速スタートアップを無効化します。

手順は、次のとおりです。

まず、スタートメニューのプログラム一覧などから「コントロールパネル」を起動します。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

「コントロールパネル」を起動したら「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

「ハードウェアとサウンド」画面が表示されるので、電源オプションにある「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」画面が表示されるので、まず「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしてから「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをオフにして「変更を保存」をクリックします。

Windows10でトラブル時のシャットダウンは「完全シャットダウン」を行うべし。

以上で、常に完全シャットダウンするようになります。

あとがき

高速スタートアップ機能は、体感できるほどの高速化は見込めないことが多いため、個人的には、高速スタートアップは利用せず、常に「完全シャットダウン」を行うことをおススメします。

これにより、余計なトラブルを避けることもできます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る