Windows10や11の操作効率アップでおすすめのショートカットキー一覧

Windows10や11の操作効率アップでおすすめのショートカットキー一覧

Windows10やWindows11での操作のほとんどはマウス操作で行うことができますが、さまざまな操作を効率よく行いたいなら、マウス操作に頼らないショートカットキー(キーボードショートカット)の活用が欠かせません。

そこでここでは、Windows10や11の操作効率アップに欠かせないショートカットキーを一覧で紹介します。

Microsoft Office(Word,Excel,PowerPoint)で役立つショートカットキー一覧
ここでは、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)それぞれで、作業効率アップに役立つショートカットキーを一覧で紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

デスクトップ・ウィンドウ操作

キー動作
Windowsキースタートメニューを開く
Windowsキー + Aアクションセンターの表示
Windowsキー + B通知領域にフォーカスを移動
Windowsキー + Cコルタナの起動(Windows11ではチャットの起動)
Windowsキー + Dデスクトップの表示
Windowsキー + Eエクスプローラーの表示
Windowsキー + Gゲームバーを起動
Windowsキー + H音声認識サービスを起動
Windowsキー + IWindowsの「設定」を起動
Windowsキー + L画面のロック
Windowsキー + N通知パネルの表示(Windows11のみ)
Windowsキー + Rファイル名を指定して実行を表示
Windowsキー + S検索ボックスの表示
Windowsキー + Shift + Sスクリーンショットを撮影して、クリップボードに保存
Windowsキー + Tタスクバーアイコンを選択
Windowsキー + U簡単操作センターを起動
Windowsキー + Vクリップボード履歴を表示
Windowsキー + Wウィジェットの表示(Windows11のみ)
Windowsキー + Xクイックアクセスメニューの表示
Windowsキー + Zスナップ機能のポップアップ表示(Windows11のみ)
Windowsキー + ,(カンマ)キーを押している間だけデスクトップを表示
Windowsキー + +拡大鏡の起動
Windowsキー + [数字]タスクバーのn番目のアプリを起動
Windowsキー + PauseWindowsの「システム」を起動
Windowsキー + Tabタスクビューの表示
Windowsキー + ↑/↓アクティブウィンドウを最大化/最小化
Windowsキー + →/←アクティブウィンドウを画面の右もしくは左に半面表示
Windowsキー + Homeアクティブウィンドウ以外を最小化
Windowsキー + Shift + ↑アクティブウィンドウを垂直方向に最大化

ファイル・フォルダー操作

キー動作
Ctrl + Aすべてを選択
Ctrl + C選択したアイテムをコピー
Ctrl + Vコピーまたは切り取ったアイテムを貼り付け
Ctrl + X選択したアイテムを切り取り
Ctrl + D選択したアイテムをゴミ箱へ移動
Shift + Delete選択したアイテムを完全に削除
Ctrl + Z直前の操作をキャンセル
Ctrl + Y操作を戻す
Ctrl + P選択したアイテム印刷
Ctrl + Sファイルを保存
F2選択したアイテムの名前を変更
F5アクティブウィンドウを最新の情報に更新
Alt + F4アクティブなウィンドウまたはアプリを終了する

仮想デスクトップ操作

キー動作
Windowsキー + Ctrl + D仮想デスクトップの作成
Windowsキー + Ctrl + →/←仮想デスクトップの切り替え
Windowsキー + Ctrl + F4仮想デスクトップを閉じる

ブラウザ操作

キー動作
Ctrl + +Webページを拡大
Ctrl + -Webページを縮小
Ctrl + [数字]指定のタブへ切替
Ctrl + Tabタブの切替
Alt + Homeホームページへ移動
Alt + →進む
Alt + ←戻る
Ctrl + Eアドレスバーを選択
Ctrl + F検索
Windows版Chromeブラウザで使えるショートカットキー一覧
軽快な動作と豊富な拡張機能で、Webブラウザのトップシェアを誇る「Google Chrome」には、キーボードからの操作が可能な「ショー...

日本語変換

キー動作
Windowsキー + ,(ピリオド)絵文字パネルを表示
Windowsキー + Ctrl + Oスクリーンキーボードを表示
Windowsキー + /再変換
F6ひらがな変換
F7全角カタカナ変換
F8半角カタカナ変換 
F9全角英数変換
F10半角英数変換
Ctrl + B太字装飾
Ctrl + I斜体装飾

あとがき

ここで挙げた以外にも、利用するソフトウェアごとにショートカットキーが利用できる場合があり、ショートカットキーを活用することで操作を効率化できます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。