Windows10で「WindowsPE(WinPE)メディア」を作成する方法

WindowsPE(以下、WinPE)for Windows10は、最小限の機能のみを搭載したWindowsベースの軽量OSで、Windows OSのインストール・展開や、修復などで役立つ便利ツールです。

特に、システムの破損などで起動しなくなったWindowsマシンからデータを救出したりするときにとても重宝します。

ですが、WinPEメディア自体は配布されておらず、自分で作成する必要があります。

そこで、ここでは最新の「Windows ADK for Windows 10 バージョン 1903」を利用してWinPEメディアを作成する方法を紹介します。

動作環境

この記事で、作業用として利用したマシンの環境は、次のとおりです。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

「Windows ADK」の入手とインストール

まず、作業用のWindowsマシンに、WinPEメディアを作成するためのツール「Windows ADK」をインストールします。

以下のサイトから「Windows ADK for Windows 10、バージョン 1903」と「ADK 用の Windows PE アドオン」をダウンロードして、順にインストールします。

Windows ADK のダウンロードとインストール | Microsoft Docs

Windows ADK for Windows 10、バージョン 1903

ダウンロードしたインストーラー「adksetup.exe」を実行してインストールします。

なお、このファイルはWebインストーラーのため、インターネットアクセスが可能な状態でインストールを行う必要があります。

インストールウィザードでは、インストールする機能を選択する画面で「Deployment Tools」にチェックを入れてインストールを行います。

その他の設定は、デフォルトのままで問題ありません。

ADK 用の Windows PE アドオン

ダウンロードしたインストーラー「adkwinpesetup.exe」を実行してインストールします。

なお、このファイルもWebインストーラーのため、インターネットアクセスが可能な状態でインストールを行う必要があります。

インストールウィザードは、デフォルトの設定のまま進めて問題ありません。

WinPE用データの作成

「Windows ADK」をインストールしたら、スタートメニューのプログラム一覧から「Windows Kit」>「展開およびイメージングツール環境」を、右クリックメニューから管理者として実行します。

イメージングツール環境が起動したら、以下のコマンドを実行して、WinPE用のデータを作成します。

copype amd64 C:\WinPE_amd64

データの作成は10秒ほどで完了し、画面に「Success」と表示されていればOKです。

ブートイメージをカスタマイズする(省略可)

WinPEは、デフォルトは英語表示で、組み込まれるモジュールも最小限のため、日本語キーボードも認識されず、日本語表示もできず使い勝手がイマイチです。

そこで、言語パックやモジュールなどを追加して使いやすくします。

デフォルトのWinPE

日本語表示きるようにしたWinPE

ブートイメージをマウントする

先ほどのイメージングツール環境の画面で、以下のコマンドを実行し、WinPEのブートイメージをマウントします。

Dism /Mount-Image /ImageFile:"C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim" /index:1 /MountDir:"C:\WinPE_amd64\mount"

コマンド実行後「操作は正常に完了しました。」と表示されればOKです。

注意事項:

ブートイメージをマウントしたら、アンマウントするまでイメージングツール環境の画面を閉じないでください。

アンマウントせずに画面を閉じてしまうと、イメージがマウントされたままとなり、その後の処理ができなくなってしまいます。

もし、誤ってアンマウントせずにイメージングツール環境を閉じてしまった場合は、コマンド「dism /cleanup-wim」を実行し、強制アンマウントして作業をやり直します。

モジュールを組み込む

ブートイメージをマウントしたら、イメージングツール環境の画面で、以下のコマンドを順に実行して、必要なモジュールを組み込みます。

set ADK_PATH=C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Windows Preinstallation Environment\amd64\WinPE_OCs
set WA_DIR=C:\WinPE_amd64\mount

Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\lp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-FontSupport-JA-JP.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-WMI.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-WMI_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-NetFx.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-NetFx_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-Scripting.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-Scripting_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-PowerShell.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-PowerShell_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-DismCmdlets.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-DismCmdlets_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-SecureBootCmdlets.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\WinPE-WDS-Tools.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Add-Package /Packagepath:"%ADK_PATH%\ja-jp\WinPE-WDS-Tools_ja-jp.cab"
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Enable-Feature /FeatureName:SMB1Protocol
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Set-Allintl:ja-jp
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Set-Inputlocale:0411:00000411
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Set-Layereddriver:6
Dism /Image:"%WA_DIR%" /Set-Timezone:"Tokyo Standard Time"

それぞれのコマンド実行後「操作は正常に完了しました。」と表示されればOKです。

これ以外にも、WinPEではデバイスドライバーを組み込んだり、アプリを組み込んだりなどのカスタマイズが可能です。

それぞれの方法については、以下の公式サイトが参考になります。

WinPE:マウントし、カスタマイズ | Microsoft Docs

ブートイメージをアンマウントする

カスタマイズが完了したら、カスタマイズ内容をブートイメージに適用して、ブートイメージをアンマウントします。

Dism /unmount-image /mountdir:C:\WinPE_amd64\mount\ /commit

コマンド実行後「操作は正常に完了しました。」と表示されればOKです。

イメージファイルの作成

最後に、以下のコマンドを実行し、イメージファイルを作成します。

MakeWinPEMedia /ISO C:\WinPE_amd64 C:\WinPE_amd64.iso

起動可能なUSBメモリとして作成したい場合は、以下のコマンド実行します。

MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 {USBメモリのドライブレター}:

以上で、作業完了です。

作成したイメージファイルをCDやDVDに書き込めば、WinPEをCDやDVDから起動でき、USBメモリとして作成した場合は、USBメモリからWinPEを起動できます。

あとがき

WinPEメディアを1枚用意しておけば、万が一Windowsマシンが起動できなくなっても、WinPEメディアからマシンを起動して、システムを修復したり、データを救出したりといった対応が可能となります。

企業でWindows環境を運用管理している方だけでなく、家庭でWindowsマシンを利用している方も、作成しておくといざというときに役立ちますよ。

参考

WinPE:パッケージの追加 (オプション コンポーネント リファレンス) | Microsoft Docs

DISM の言語と地域と言語サービスのコマンド ライン オプション | Microsoft Docs

WinPE:起動可能なメディアの作成 | Microsoft Docs

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る