Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

Windows10やWindows11を使っていると、テキスト処理などでLinuxコマンドを使えたらなぁと思うことがあります。

一昔前だと、同等の機能が利用できるツールをインターネットで探したり、仮想環境にLinuxの仮想マシンを構築するという方法が一般的でしたが、もはやそんな面倒なことをしなくてもよくなりました。

Windows10や11に搭載されている「WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)」を使えば、Windows上に簡単にLinux環境を構築でき、WindowsとLinuxを連携させることができます。

そこでここでは、Windows10でWSL2を利用するための手順を紹介します。

Windows10でWindowsコマンドとLinuxコマンドを組み合わせて使う(WSL)
ここでは、Windows10でコマンドプロンプトからWSLを呼び出して、WindowsコマンドとLinuxコマンドを組み合わせた利用例や、利用時の注意点を紹介したいと思います。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

WSL2のインストール

WSLのインストールは、以前は機能を有効化してディストリビューションをインストールするといったように、利用するまでの手順が面倒でしたが、現在はwslコマンドを使って簡単にインストールできます。

WSLのインストールは、管理者権限でコマンドプロンプトまたはPowerShellを起動して、以下のコマンドを実行します。

「-d」オプション以下を省略すると、Ubuntuが既定のディストリビューションとしてインストールされます。(初回のインストール時は、Windowsの再起動を要求されます。)

> wsl --install -d ディストリビューション名

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

インストール可能なディストリビューションは、以下のコマンドで確認できます。

> wsl --list --online

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

ディストリビューションを追加するには

ディストリビューションを追加するときは、WSLをインストールするときと同じコマンドを実行するか、Microsoftストアから追加することもできます。

> wsl --install -d ディストリビューション名

ディストリビューションを削除するには

ディストリビューションを削除するときは、まず以下のコマンドを実行してインストール済みのディストリビューション名を確認します。

> wsl --list --verbose

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

つぎに、以下のコマンドを実行することでディストリビューションを削除できます。

> wsl --unregister ディストリビューション名

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

WSLディストリビューションの初期設定

ここでは、既定のディストリビューション「Ubuntu」の初期設定手順を紹介します。

ユーザーとパスワードの設定

ディストリビューションがインストールされると、以下のようなターミナルウィンドウが開くので、ユーザー名とパスワードを設定します。

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

パッケージの更新

ユーザー名とパスワードの設定が完了したら、続けて以下のコマンドを順に実行して、パッケージの更新を行います。

$ sudo apt update
$ sudo apt -y upgrade

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

日本語化

パッケージの更新が済んだら、次に日本語化を行います。

まずは、以下のコマンドを実行して日本語の言語パックをインストールします。

$ sudo apt -y install language-pack-ja

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

次に、以下のコマンドを実行してロケールを日本語に設定します。

$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8

ロケールの変更後は、変更を適用するためにいったんターミナルウィンドウをexitコマンドなどで終了してから、もう一度起動します。

ターミナルウィンドウを起動し直したら「locale」コマンドを実行することで、ロケールが変更されたことを確認できます。

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

日本語マニュアルのインストール

コマンドのヘルプなども日本語化したいときは、日本語のマニュアルドキュメントをインストールしておけば何かと便利でしょう。

日本語マニュアルのパッケージは、以下のコマンドを実行してインストールできます。

> sudo apt -y install manpages-ja manpages-ja-dev

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

以上で初期設定完了です。

WSLの起動/終了方法

WSLを起動する

WSLのディストリビューションを起動するときは、スタートメニューのプログラム一覧から、ディストリビューションをクリックして起動する方法と、コマンドプロンプトまたはPowerShellからwslコマンドを実行して起動する方法があります。

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

wslコマンドで起動する場合、オプションを指定せずに実行すると既定のディストリビューションが起動しますが、複数のディストリビューションをインストールしている場合は「-d」オプションで、ディストリビューションを指定して起動できます。

> wsl -d ディストリビューション名

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

既定のディストリビューションを変更する

既定のディストリビューションを変更したいときは、まずコマンドプロンプトまたはPowerShellから以下のコマンドを実行して、インストールされているディストリビューションの一覧を確認します。

> wsl --list --verbose

※印が付いているディストリビューションが現在の既定です。

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

つぎに、以下のコマンドを実行して既定のディストリビューションを変更します。

> wsl --set-default ディストリビューション名

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

WSLを終了する

WSLは、ディストリビューションのターミナルウィンドウを閉じることで終了できますが、内部で動作しているプログラムのことを考えると、exitコマンドなどを使ってWSLを終了させるほうが安全でしょう。

Windows10や11で簡単にLinux環境を作るなら「WSL2」

なお、wslコマンドの「--terminate」オプションや「--shutdown」オプションを使って停止する方法もあります。

あとがき

WSLを使うことで、Windows10やWindows11で簡単にLinuxを使えるようになり、Windows11のWSLでは、Linux GUIアプリケーションを動作させることもできます。(Windows10ではプレビュー中)

WindowsとLinuxを連携させた処理などを行いたいときに重宝しますよ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。