Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

Windowsでは、ユーザーごとのデータがユーザープロファイルと呼ばれるフォルダーに保存されており、長く同じユーザーアカウントを利用していると、ユーザープロファイルフォルダーが肥大化して、操作レスポンスが悪くなったり、原因不明の不具合に見舞われたりすることがあります。

このようなときに、レスポンスや不具合を素早く解消したいなら、ユーザーを作成し直すのがおすすめです。

そこでここでは、Windows10でユーザーを作り直して快適さを取り戻す方法を紹介します。

Windows10が遅くなってきたら試したいこと
Windows10を長年使っていると、最初のころはサクサク動いていたのに、だんだん動作が遅くなってくることがよくあります。そのようなときに、サクサク感を取り戻すために試したいことを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

ユーザーを作り直す方法

まず、作り直したいユーザーアカウントの種類が「Microsoftアカウント」の場合は、そのユーザーでサインインして、Windowsの「設定」>「アカウント」>「ユーザーの情報」から、ローカルアカウントでのサインインに切り替えます。

Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

つぎに、任意の管理者ユーザーでサインインし、Windowsの「設定」>「アカウント」>「家族とその他のユーザー」から新しいユーザーを作成します。

アカウントの種類は「ローカルアカウント」「Microsoftアカウント」のどちらでも構いません。

Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

つぎに、新しく作成したアカウントを「管理者ユーザー」に設定します。

Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

ここまで設定できたら、一度Windows10からサインアウトして、上で作成した新しいユーザーでサインインします。

サインインしたら、エクスプローラーで古いユーザーと新しいユーザーのプロファイルフォルダー(C:\Users\<Username>)をそれぞれ開きます。

Windows10で快適な動作を取り戻すならユーザーを作り直してみよう

あとは、古いユーザーのユーザーフォルダーを一つずつ開いて、必要なフォルダーやファイルを、現在サインインしている新しいユーザーの同じ名前のフォルダー内へコピーします。

Memo

ユーザーフォルダー内には、「AppData」などの隠しのシステムフォルダーやシステムファイルがありますが、それらのフォルダーやファイルはコピーしません。

以上、作業完了です。

なお、利用しているアプリケーションによっては、再設定が必要だったり、再インインストールが必要な場合があります。

また、古いユーザーのデータが完全に必要ないと判断できるまでは、古いユーザーは削除せずに残しておくのが良いでしょう。

あとがき

Windows環境で、長く同じユーザーアカウントを利用していると原因不明のトラブルに見舞われることがありますが、そのようなときにいち早く正常な状態に戻するなら、原因を調査するより、ユーザーを作り直すのがおススメです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。