Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11は、Windows10に比べてデザイン面での刷新が目立っていますが、それはWindows11を新規インストール(クリーンインストール)する画面にも及んでいます。

Windows10のときとインストール手順の違いはそれほどありませんが、デザインが刷新されたことで、よりわかりやすく設定しやすくなっているという印象です。

そこでここでは、インストールメディアを利用してWindows11を新規インストール(クリーンインストール)する手順を紹介します。

Memo

なお、Windows11がプリインストールされているメーカー製PCでは、ここで紹介している手順ではなく、メーカーが定めた手順でクリーンな状態へ戻すことをおススメします。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows11 Pro21H2

インストールメディアの準備

まずは、Windows11のインストールメディアを準備します。

インストールメディアの作成手順については、次の記事をご参照ください。

Windows11のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法
Windows11では、Windows10と同じように「メディア作成ツール」を利用して、DVDやUSBメモリなどのインストールメディアを...

Windows11の新規インストール

Memo

余計なトラブルを避けるために、キーボードとマウス以外の周辺機器はすべて取り外した状態で作業を行いましょう。

インストールメディアからの起動

インストールメディアの準備が完了したら、新規インストールするマシンに接続(または装てん)して、インストールメディアからパソコンを起動します。

ここでは、例としてDVDメディアから起動しています。

DVDから起動すると、以下のように画面左上に「Press any key to boot from CD or DVD...」というメッセージが表示されるので、表示されている間に何かキーを押します。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

言語とキーボードの設定

インストールメディアから起動すると、次のようなWindowsのセットアップ画面が表示されるので、以下を設定して「次へ」をクリックします。

なお、通常はデフォルトの設定のままで問題ありません。

項目設定値
インストールする言語日本語(日本)
時刻と通貨の形式日本語(日本)
キーボードまたは入力方式Microsoft IME
キーボードの種類日本語キーボード(106/109キー)

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

次の画面では「今すぐインストール」をクリックします。

ちなみに左下の「コンピューターを修復する」をクリックすると、インストール済みのWindowsを初期化したり、トラブルシューティングツールを起動することができます。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

プロダクトキーの入力

次の「Windowsのライセンス認証」画面では、プロダクトキーの入力欄にプロダクトキーを入力して「次へ」をクリックするか、Windows11をインストールした後にプロダクトキーを入力するときは「プロダクトキーがありません」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

オペレーティングシステムの選択

次の画面では、インストールするオペレーティングシステムのエディションを選択して「次へ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

ライセンス条項への同意

次の「適用される通知とライセンス条項」では、記載されている条項を確認後「Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。・・・」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

なお、以下のように「このPCではWindows11を実行できません」と表示され先へ進めなくなったときは、Windows11をインストールするパソコンが、システム要件を満たしているかを確認しましょう。

Windows11のシステム要件は、以下の公式サイトで確認できます。

Windows 11 の仕様とシステム要件 | Microsoft

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

クリーンインストールの選択

次の、インストールの種類では「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11をインストールする場所を選択

次の画面では、Windows11をインストールするドライブを選択して「次へ」をクリックします。

なお、パソコンに複数のハードディスク(SSD)を接続しているときは、Windows11をインストールするドライブを間違わないように注意しましょう。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11のインストール開始

Windows11のインストールが始まり、10分ほどで処理が完了しパソコンが自動的に再起動します。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11の初期設定

パソコンが何回か再起動すると、以下のような初期設定画面が表示されるので、順に設定します。

なお、ここで設定する内容は、あとからWindowsの設定で変更できます。

地域の設定

「日本」が選択されていることを確認して「はい」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

キーボードレイアウトの設定

オペレーティングシステムのインストール時に指定したキーボードレイアウト「Microsoft IME」が表示されていることを確認して「はい」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

2つ目のキーボードレイアウトを追加したい場合は「レイアウトの追加」から追加できますが、ここでは「スキップ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

インターネット接続できない場合

パソコンがインターネット接続できない(オフライン)場合は、インストールするWindows11のエディションにより次の操作を実行します。

Proエディション

以下の画面が表示されるので「インターネット接続していません」をクリックし、次画面で「制限された設定で続行」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

すると、ローカルアカウントの作成画面が表示されるので、ユーザー名やパスワード、セキュリティの質問を順に設定します。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

ローカルカウントの作成後は、後述の「プライバシー設定」を設定して初期設定が完了します。

Homeエディション

以下の画面が表示されている状態で「Shift+F10」キーを押してコマンドプロンプトを起動します。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

コマンドプロンプトが起動したら、以下のコマンドを実行します。

> taskkill /F /IM oobenetworkconnectionflow.exe

コマンド実行後「成功:プロセス・・・は強制終了されました。」を表示されていることを確認し、コマンドプロンプトを画面左上の「×」ボタンで閉じます。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

すると、ローカルアカウントの作成画面が表示されるので、ユーザー名やパスワード、セキュリティの質問を順に設定します。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

ローカルカウントの作成後は、後述の「プライバシー設定」を設定して初期設定が完了します。

Memo

なお、Pro、Homeともに、「Shift+F10」キーを押してコマンドプロンプトを起動し、コマンドでIPアドレスなどのネットワーク情報を設定することもできます。

デバイス名の設定

パソコンに設定したいコンピューター名を入力して「次へ」をクリックするか、あとで設定したいときは「今はスキップ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

デバイス利用環境の選択

デバイスの利用環境を「個人用」または「職場または学校用」から選択します。

個人用を選択した場合は、次画面でMicrosoftアカウントやローカルアカウントをサインインアカウントとして設定でき、職場や学校用を選択した場合は、Microsoft365アカウントやドメイン参加などの設定ができます。

ここでは「個人用に設定」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

アカウントの追加

Windows11にサインインするMicrosoftアカウントを入力して「次へ」をクリックし、認証を行います。

なお、Microsoftアカウントを持っていない場合は、アカウント入力欄の下にある「作成」をクリックして新規作成することができ、下部の「サインインオプション」をクリックして「オフラインアカウント」を選択すれば、ローカルアカウントを作成することもできます。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

PINの作成

PINの作成画面が表示されるので「PINの作成」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

PINのセットアップ画面が表示されるので、数字4桁~6桁ぐらいでPINを設定し「OK」をクリックします。

なお「英字と記号を含める」にチェックを入れると、PINに英字や記号も利用できます。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

デバイスの設定

上で設定したMicrosoftアカウントを別のパソコンでも利用している場合、以下のように別のパソコンの設定を復元するかを選択できます。

ここでは「新しいデバイスとして設定する」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

プライバシー設定

「音声認識」「位置情報」「診断データ」といったプライバシーにかかわる情報を、Microsoftが収集・使用できるようにするかを設定できます。

ここでは、デフォルト設定のまま「同意」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

エクスペリエンスのカスタマイズ

デバイスの使用方法(ゲームやエンターテインメントなど)を選択して「承諾」をクリックすることで、選択した項目に応じたアプリが提供されたり、通知・提案などが表示されるようになります。

ここでは「スキップ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

OneDriveのバックアップ設定

OneDriveにデスクトップ、ドキュメント、ピクチャの各フォルダー内のファイルをバックアップするかを設定できます。

ここでは「ファイルのバックアップを行わない」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

以上で、初期設定完了です。

しばらくして、以下のようにWindows11のデスクトップ画面が表示されれば、新規インストール(クリーンインストール)作業は完了です。

Windows11を新規インストール(クリーンインストール)する方法

あとは、WindowsUpdateを実行し、必要に応じてアプリのインストールや自分用の設定などを実施します。

新規インストールには時間がかかる

OSの新規インストール(クリーンインストール)は、インストールメディアの準備から始まり、OSのインストール、OSの初期設定、アプリのインストール、自分用の設定など、利用できる状態にするまでに結構時間がかかる作業なので、時間的に余裕があるときに実施しましょう。

あとがき

個人的な意見ですが、2~3年に一回はOSを新規インストール(クリーンインストール)し直したほうが、機能更新でアップデートを繰り返すよりも原因不明のトラブルに見舞われる可能性が低い気がします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ